ランペイジ:怪獣征服(Rampage)

| コメント(0) | はてなブックマーク - ランペイジ:怪獣征服(Rampage) 

大胆に、そして繊細に

ランペイジ:怪獣征服

怪獣たちが街を破壊して建物や人を食べるボードゲーム。人気のフランス人デザイナーによる遊び心あふれる作品である。制作発表から発売までに長い時間を要しただけあって、素晴らしいコンポーネントである。

建物は床タイルとミープル(人型のコマ)を重ねて作り、中央にサッカースタジアムがあるこの街。怪獣たちが四隅から破壊を始めるのだ。ギャース!

自分の番に怪獣でできることは2アクション。基本的に次の4つを組み合わせる。いずれもほどよい力加減が大切で、強すぎても弱すぎてもいけない。

    移動:怪獣の足コマをおはじきし、移動先に怪獣を乗せる。勢い余って盤外に出てしまうと牙を取られる
    車:怪獣の頭の上に車コマを乗せておはじきし、建物に当てる
    踏みつぶす:隣接する建物の上から怪獣を落下させる
    ビーム:怪獣の上にあごを乗せて建物に強く息を吹きかける。勢いが強すぎてミープルが盤外に飛び出ると、逆襲されて牙を失うこともある

破壊によってミープルがなくなった床タイルや、地面に落ちたミープルを怪獣は食べ、これが最後に得点になる。牙が減ると、一度に食べられる数が減るので注意したい。

床タイルが全部なくなったらゲーム終了。ミープルは6種類1セットで10点、床タイルは1枚1点、ほかの怪獣を倒したりして奪った牙が1つ2点、そして各自が持っているキャラクターカードの条件に沿ってボーナス点(金髪とヒーローのセットで得点など)となる。

各怪獣はパワーカードでいつも使える特殊能力と、必殺技カードで1回きりの特殊能力(使うまで非公開)があり、これを効果的に使ったり、使わせないように邪魔したりしなければならない。

ケルンから来たドイツ人たちと45分ほど。私のパワーカードはカンフー(車がなくても足コマを飛ばせる)だったが、足コマは車と比べると威力が弱い。序盤は近くの建物を踏みつぶしてから、まだ残っているところを目指した。右どなりの怪獣がビーム好きで、ひたすら息を吹きかけては建物を破壊する。ところが自分のエリアに落ちなくて、向かい側の怪獣が喜ぶばかり。結局、その怪獣はバレリーナ(1アクションで2回移動できる)を駆使してみーぷるを食べまくり、ダントツで1位。私は最後に必殺技で怪獣を投げ飛ばしたが、ミープルがあまり残っていなかった。

怪獣の位置に応じたアクション選択は考えどころだが、やりたい放題やって、盤上がどんどんメチャクチャになっていくのを楽しむゲームである。壊れ方が激しいほど、歓声(悲鳴?)が上がった。

Rampage
A.ボザ&L.モーブロン/ルポ・プロドゥクシオン(2013年)
2~4人用/10歳以上/45分
ホビージャパンから発売予定

コメントする

カレンダー