アンケート:長考

| コメント(0) | はてなブックマーク - アンケート:長考 

Q.76:ほかのプレイヤーの長考でイライラしたことが......(2013年10月)

A.よくある 38票(19%)
B.たまにある 100票(49%)
C.めったにない 66票(32%)

定期的にボードゲーム愛好者の話題になる長考。特にゲーマーズゲームでは、ある程度時間をかけなければよい手が浮かびにくいものですが、時間をかけすぎれば周りの人を待たせてしまいます。今回のアンケートでは、待たされてイライラしたことがあるという方が7割近くに達することが分かりました。

以前コラムで触れた通り、ほかプレイヤーの手番中から「オレの番になったらああしよう、こうしよう」と考えておく、手番でない人同士でちょっとおしゃべりしてみる、中立的な立場を心がけた助言を行う、長考になりそうな手番には最初に「ちょっと考えせて下さい」などと断っておくなどの改善策が考えられます。また初プレイ、初心者の方の長考はある程度許容することも必要でしょう。

考えることはボードゲームの楽しみの一つであることは言うまでもありません。しかしそれとともに、限られた時間を仲間と共有している意識も忘れないで、みんなにとって有意義な時間を送っていただきたいと思います。

今月のアンケートはアドバイスについてです。手番にどうしたらいいか分からなくなったとき、「こういういい手があるよ」とほかのプレイヤーから提案をされることがあります。ときには自分が不利になるような手であっても提案する方もいらっしゃいます。一方、相手は親切のつもりでも、自分で考える楽しみや、選択の自由を奪われたと感じることもあります。みなさんは、ほかのプレイヤーからのアドバイスをどのように受け止めていますか。最も近いものをお答え下さい。

コメントする

カレンダー