おっぱい・おしり・サンシャイン(Titten Ärsche Sonnenschein)

| コメント(0) | はてなブックマーク - おっぱい・おしり・サンシャイン(Titten Ärsche Sonnenschein)  

ギャランドゥ!

おっぱい・おしり・サンシャイン

ドイツのボードゲームイベント「シュピール」には時折、こういった作品が見つかる。試遊卓で目に止まったこのカードゲーム、見かけによらずドイツ人が長考している。すぐさま売り場を探して買い求めたのは言うまでもない。日本に帰ってからしばらくすると、ゲームストア・バネストから翻訳依頼が届いた。さすが中野さん。

好事家にはこのイラストだけで十分だろうが、一応どんなゲームか説明しよう。海辺のバーでフィーバーするべく、サングリア(ワインのジュース割り)を出してお客を集める。同じ種類(おっぱい、おしり、イス、サンシャイン)か、同じ色(赤、青、黄、緑)をできるだけ多く集めよう。

手番には山札からカードを引いて、その後4つのアクション(山札から引く、場札から引く、ほかの人の列にカードを出してサングリアを盗む、場札と交換する)から1つを行う。こうして手札を整えたら、自分の前にサングリアカードが置いてあるので、そのわきにカードをプレイ。自分の前には最初2列あるが、1つの列には同じ種類か同じ色しか置けない。写真は、おっぱいの列とサンシャイン(マッチョ)の列。ま、まぶしい!

最後にプレイしたカードによって、次のプレイヤーは4つのアクションのいずれかが禁止される。サングリアカードを盗みたいのに盗めないことがままある。山札からサングリアカードが出てきたら、手札で競りをして終了。競り落としたサングリアカードは、自分の列に付けることができる。

得点計算は、多く集めるほど得点が高い。ただし『ロストシティー』と同じで、枚数が少ないと失点になるから注意。また、サングリアカードを奪われると得点が下がる。この合計点で勝敗を競う。

最後に最も重要なルール「おっぱいアラーム」。捨て札におっぱいカードが出たら、すかさず「おっぱい!」と叫ばなければならない。言うのが遅れた人、あるいは言えなかった人は捨て札を1枚捨てなければいけなくなる。ほかの人の手番でも油断してはいけないのだ(あとスタートプレイヤーは、一番大きな声で「おっぱい」と言えた人となっている)。

5人プレイで30分。初手番にbashiさんが同色コンプリートを達成したが、その後はサングリアカードの奪い合いが起こり列がなかなか完成しない。そんな攻防をかいくぐってtomokさんが同種コンプリート。終盤は奪い合いも封じ合う展開になり、結局tomokさんが1位となった。私は序盤にサングリアカードを盗んで3列体制にしたが、3枚まで出した2列から、サングリアカードをどちらも奪われてそのまま取り返せず最下位。「おっぱいアラーム」は、みんな集中していたのでほぼ同時(その場合は捨て札なし)ばかりだったが、だんだん耳も冴えてきて、誰が最後だったかコンマ1秒で判断できるというシビアさとなった(←バカ)。

見かけによらず考えるというのは、どの種類(または色)で列を作るかを、ほかの人が集めている列を見て決めたり、どの列なら盗めそうか考えたりして手札を調整するからである。ゲームが進むにつれて出せるカードが少なくなっていくが、みんなの列が増えるので考えることは減らない。そこにときたま訪れる「おっぱいアラーム」がいいアクセントになっている。少なくとも、イラストに見とれているひまはない。

Titten Ärsche Sonnenschein
W.シュランツ/ハイデルベルガー(2013年)
2~5人用/16歳以上/30分
ゲームストア・バネスト:おっぱい・おしり・サンシャイン

コメントする

カレンダー