ウルル(Uluru)

| コメント(0) | はてなブックマーク - ウルル(Uluru) 

結構、両立できます

ウルル

ランダムに指定された8つの条件を満たすようにコマを並べる早解きパズルゲームで、ドイツ年間ゲーム大賞推薦リストに入った作品。コスモス社(ドイツ)が『ウボンゴ』以来、こういったパズルゲームをシリーズ化している。作者はデンマーク人の建築家で、この春にコスモス社から『ディメンション』、フッフ&フレンズから『ハラパ』という新作をリリースする。どちらもパズル系ゲームだ。

各自がもっている8つのコマについて、それぞれ条件が決められる。「白いコマは赤いコマの向かい」「赤いコマは黒いコマのとなり」「黄色いコマは黒いコマと向かいでもとなりでも行けない」・・・これらをできるだけたくさん満たすように考えてコマを並べる。砂時計が落ちる前に。

砂時計が終わったら合っているか1枚ずつ確認。条件を満たせなかったり、置けなかったりしたら-1点となる。6ラウンド行って、合計失点の最も少ない人が勝ち。カードには難易度があり、適宜調整することができる。レベル5の「ある色の条件の逆」が大変ややこしい。さらに、1色に2つの条件をつけたりすることも可能で、相当混乱できる。

5人プレイで20分ほど。まず適当に並べ、どの色から着手したらいいか考えて並べ替えるという作戦で私の1位。みんな時間いっぱいまで悩むので、『ウボンゴ』のような、周りができたのに自分ができていないという焦りがないのがいい。それに適当に並べたのが偶然うまくいくこともある。パズルなのに運の要素も取り入れられたところが面白い。

Uluru
L.ルショー/コスモス(2011年)
1~5人用/8歳以上/30分

コメントする

カレンダー