ポートロイヤル(Port Royal)

| コメント(0) | はてなブックマーク - ポートロイヤル(Port Royal) 

過ぎたるは及ばざるが如し

ポートロイヤル

ジャマイカの港町で、船から収入を得て人物を雇い、名声を高めていくカードゲーム。『ザヴァンドールの鉱山』のプフィシュターがデザインし、『アグリコラ』のイラストレーター・K.フランツがイラストを担当した。2013年にオーストリアで行われたボードゲームデザイナーコンテストの優勝作品。クイーンゲームズのトリックテイキングゲーム『ポートロイヤル(2000年)』とは別作品である。

基本はバーストゲームで、同じ色の船が出ない限り、好きなだけ山札からカードをめくっていく。好きなタイミングでめくるのをやめて、めくった船の数に応じてカードを取る。残りのカードは、ほかのプレイヤーが手番プレイヤーにお金を払って取れる。

カードには船と人物と探検と増税があり、船カードを取ったら収入が入り、その収入で人物カードを雇って、人物カードを集めて探検を達成するという流れ。たまに出る増税では、12金以上もっていると半減させられる。人物カードと探検カードが得点になり、誰かが12点以上取ったラウンドで得点の多い人が勝つ。

収入はマーカーを用いず、山札のカードを裏のまま取って自分の前に並べることによって表す。このため、狙っているカードがお金として場に出てしまうことがあって読めない展開となるのが面白い。

人物カードは得点になるだけでなく、それぞれいろいろな特殊能力を持っている。今回役に立ったのは「総督(取れるカード枚数が+1)」と「船員(戦闘力が上がる)」。戦闘力が高いと、同じ色の船が出てバーストしそうになったとき、その船を撃退してバーストを回避できる。増税のときに戦闘力の一番高い人にボーナスが入るのも嬉しい。

5人プレイで30分ほど。バーストを恐れて早めに取る展開が続き、みんながほとんど1枚しか取らない。そこに中盤「総督」を取ったBumiさんが1手番に2枚取れる強さを発揮。船カード2枚で大金を手に入れたり、船カードで入った収入で即人物カードを雇ったり、人物カードを揃えてすぐ探検命令を達成したり。これで一気に勝負を決めた。私は序盤リードしていたのに痛恨のバーストで後手に回り、ぽちょむきんすたーさんは序盤に大枚をはたいて雇った「ひょうきん者(場に1枚もないと1金もらえる)」がほとんど回収できず。

収入の高い船がなかなか出てこないとき、もう1枚めくるかどうかは悩ましい。残りのカードをほかのプレイヤーに取ってもらうとお金が入るので、1枚でも多くめくって魅力的なラインナップにしたいところだが、欲張りすぎると大きな罠が待っている。

Port Royal
A.プフィシュター/ペガサスシュピーレ(2014年)
2~4人用/8歳以上/20~40分

コメントする

カレンダー