「エッセンシュピール」は和製独語?

| コメント(0) | はてなブックマーク - 「エッセンシュピール」は和製独語? 

毎年10月にドイツ・エッセンで行われ、15万人の愛好者が訪れるイベントがまもなく始まる。日本では「エッセンシュピール」という呼び方で定着した感がある。「エッセン国際ボードゲーム祭」などと呼ばれていたこともあったが、『メビウスママのエッセンシュピールガイド』で決定的なものとなった。

この本の校正で「エッセンシュピール(Essen Spiel)」と書かれていたのが気になり、調べたことがある。海外でも"Essen Spiel"と呼ぶのだろうか。

公式サイトでは"Internationale Spieltage(国際ボードゲームデイズ)"や"SPIEL(シュピール)"と呼ばれている。SPIELが全て大文字なのは、一般名詞「ボードゲーム」とイベント名を区別するためである。この区別が分からないドイツの一般向けには"Spielemesse Essen(ボードゲームメッセ・エッセン"と呼ぶ。

ボードゲームギークなど、世界の愛好者からは、年号をつけて"Spiel'14 Essen(シュピール14・エッセン)"と呼ばれたり、"Essen fair(エッセンフェア)"と呼ばれたり、あるいは単に"Essen(エッセン)"と呼ばれたりしている。

このように、"Essen"や"SPIEL"という呼び方はあるが、"Essen SPIEL"という組み合わせで呼ばれることはない。順序の問題だけだが、「エッセンシュピール」は和製独語といえるだろう。ドイツ人デザイナーのReiner Kniziaが、「クニツィア・ライナー」と呼ばれるようなものである。

このような日本独特の呼び方は、どうやら当サイトの新作プレビューで「エッセン シュピール'xx新作情報」としていたのが元になっているようだ。スペースを入れて分けていたが、つなげてひとつの単語と認識されたと見られる。その点で責任を感じている。

単に順序の問題であるし、海外で通用しないわけではないから、改めるべきであるとは思わない。少しだけ感じた違和感を書き留めておくだけである。パリ・シャルルドゴール空港より。

コメントする

カレンダー