枯山水のボードゲーム4タイトル

| コメント(0) | はてなブックマーク - 枯山水のボードゲーム4タイトル 

朝日新聞で紹介されたことを受けて、ボードゲーム『枯山水』の情報を求めてアクセスされる方が増えているようだ。しかし、枯山水をテーマにしたボードゲームはいくつかあるため、聞いていたのと違うものを参照しているかもしれない。

枯山水・日本庭園をテーマにしたボードゲームは、今話題急騰中の『枯山水』のほかに、日本で発売された『京都』、アメリカで発売された『枯山水の石庭』と『ゼンガーデン:枯山水と石庭』がある。順次紹介していこう。ゲーム内容だけでなく、それぞれのアートワークにも注目して、お間違えのないようにしていただきたい。

枯山水(Stone Garden)
砂紋と石の配置で美しい禅庭を作るゲーム。日本人の山田空太氏がデザインし、2014年11月に東京・立川のニューゲームズオーダーから発売された。砂紋タイルを絵柄が合うように並べ、その上に石コマを得点パターンができるように配置する。さまざまな得点パターンがあり、そのうちどれを狙い、どれを両立させていくかがポイントとなる。砂紋タイルの美しさと、塗装済みの石コマの取り合わせが何とも美しく、現在大きな話題となっている。2~4人用、10歳以上、60~90分。少量生産のため品薄となっているが、毎月150セットのペースで生産されているので、待っていれば入手可能。→ボードゲームショップ検索:枯山水
枯山水


京都(Kyoto)
自分の得意分野を伸ばして美しい庭園を作るタイル配置ゲーム。イギリス在住のドイツ人R.クニツィア氏がデザインし、同氏の来日を記念して2013年、東京・水道橋のメビウスゲームズから発売された。池・コケ・紅葉・砂利という4つの地形がさまざまなパターンで描かれているタイルを並べ。同じ模様でつながっているタイル枚数が得点になる。前の人に乗じて模様を延ばし、さらに大きな得点につなげられるかどうかがポイント。2~4人用、8歳以上、20~30分。入手が容易であり、日本語ルールも付いている。→Amazon.co.jp: 京都(KYOTO)/メビウスゲームズ/Reiner Knizia/
京都


枯山水の石庭(Karesansui: The Rock Garden)
厳しい師範の目にさらされながら、美しい石庭を作るゲーム。アメリカ人のJ.キセンウェザー氏がデザインし、同じくアメリカのグリフォンゲームズから2013年に発売された。集石場に集まっていく石を、自分の庭にある石と交換していく。石は少なければ少ないほどよく、あるパターンで配置されていると減点されてしまう。ひたすら石を取らないようにする我慢大会が繰り広げられる。イラストは勘違い和風。3~6人用、10歳以上、45~60分。今回紹介した4タイトルの中で1番のおすすめだが、残念ながら現在国内販売はなく、アメリカから個人輸入となる(英語ルール)。→Funagain Games: Karesansui
枯山水の石庭


ゼンガーデン:枯山水と石庭(Zen Garden)
池、松、石、芝のタイルを並べて、得点パターンを作るゲーム。ベルギー出身でカナダ在住のH.J.ヴァネーズ氏がデザインし、アメリカのメイフェアゲームズから2013年に発売された。庭園は全員共通なので、どんなパターンでもできるような広い庭を作ると、皆に利用されてしまう。自分のタイルだけに当てはまるようなちょっと入り組んだ地形を作りつつ、ほかの人の狙っているパターンを崩す。イラストは淡い水墨画調。2~4人用、10歳以上、25分。こちらも現在国内販売はなく、アメリカからの個人輸入(英語ルール)。→Amazon.com: Zen Garden Board Game
ゼンガーデン

今回の『枯山水』ブームに関して気になっているのは、興味をもった人のほとんどが遊んでいないということである。朝日新聞の記者さんから「実際に遊んだことがあるという人は初めてです!」と言われた。

確かに8100円という価格、累計で1000個も出荷されていないという品薄で入手しにくいということもある。しかしそれ以上にボードゲームを遊ぶには、遊んでくれる人を募り、時間と場所を約束し、そこに約束通りに集合しなければならない。ボードゲーム愛好者の中でさえ、このハードルのために、買うだけで遊べない人が多く存在する。

さらに『枯山水』はタイルの譲渡や略奪ルール、人物カードの特殊能力などがあって単純ではなく、得点パターンも一度で憶えられるような数ではない。普段ボードゲームを遊ばない人が、何とか『枯山水』を入手したとして、無事遊ぶところまで至るか。せっかく入手できたのに数々のハードルが立ちはだかり、「ボードゲームは懲り懲り!」になってしまわないか。

そのようなわけで普段ボードゲームを遊ばない方が『枯山水』を入手できて、人を集めて遊ぶ機会ができたならば、もう1品2品ついでに買って用意しておくことをオススメしたい。『枯山水』の発売元であるニューゲームズオーダーからも、遊ぶ年齢や人数に合わせてたくさんの面白いゲームが発売されている。『コヨーテ』『交易王』『モダンアート』『ナゲッツ』『ビッグチーズ』あたりなど、検索してみてピンときたらどうぞ。

コメントする

カレンダー