『ダッタカモ文明の謎』、クラウドファンディングで製品化計画

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ギフトテンインダストリは4月から、クラウドファンディング「READYFOR?」にて、触覚を使うゲーム『ダッタカモ文明の謎』の製品化プロジェクトの資金を募集している。5000円以上の出資で本体が贈られる。6月8日まで、目標金額80万円。

ギフトテンインダストリの、振ると音の鳴る壺を使った『アラビアの壺』に続く第2弾。ゲームマーケット2014秋に試作版が販売されている。

袋の中に入ったコマ(「出土品」)を1つ選び、触覚でそれが何であるか、お題を決める。ほかのプレイヤーも選ばれたコマを触り、質問をしてお題を当てるというコミュニケーションゲーム。『アラビアの壺』と同じく、視覚障害者とも一緒に楽しめることを想定して作られた作品である。陶器製コマは、東京都武蔵野市の福祉施設で作られており、1つ1つが異なる形となっている。3~10人用、3歳以上、15分。

ギフトテンインダストリは、3Dプリンタを使ったコマ制作サービス「メイカーズポスト」(TGiWニュース)も手がけており、独特の立ち位置でゲーム制作に挑んでいる。

READYFOR?:見える人も見えない人も楽しく遊べるパーティゲームを作りたい!
立川経済新聞:国分寺のデザイン会社が「障がいの有無なく遊べるボードゲーム」、第2弾販売へ
ニコニコ生放送:【視聴者参加型】ボードゲームで遊ぼう!【ダッタカモ文明】(5月29日(金)22:00~)


コメントする

カレンダー