ライツ(Rights)

| コメント(0) | はてなブックマーク - ライツ(Rights) 

取るべきか取らざるべきか

ライツ

カードをほかの人より多く集めることを目指すゲーム。オインクゲームズが『海底探険』に続いてゲームマーケットで発表した作品である。タイトルは「著作権」からで、ほかの人より多く集めた人が権利を取り、同じカードを集めているほかの人から収入を得られる。

自分の番には山札から1枚引き、手札からカードを1枚出す。ほしければ自分の前に置き、いらなければ左となりの人に渡す。となりの人はお金とともにカードを受け取るか、1金をつけてさらに左どなりの人へ。いわゆる『ゲシェンク』方式である。

カードを集めるゲームなのに、どうしていらない場合があるのかというと、ゲーム終了時の得点計算に理由がある。各種類ごとに、一番多く集めた人は、同じカードを集めている人からお金を取る。しかも、1枚につき2金(デザイン使用料だという)。そのため、1位を取れそうにないカードを受け取ると、マイナスになってしまう。ほかの人の状況と、自分の手札を見て、取るか取らないか大いに悩もう。

カードの総数は種類ごとに決まっていて、「5」のカードは5枚、「10」のカードは10枚。「5」のカードなら3枚集めた時点で1位確定だが、「10」のカードは3枚集めてもまだ分からない。

誰かが決められた枚数を取ったらゲーム終了。残った手札を自分の前に加え、種類ごとに枚数を数え、一番多く集めた人にお金を払う。お金のやりとりをして、一番多かった人が勝ち。残った手札を加えるというところがポイントで、一発大逆転もありうる。1位を取れそうにないカードを集めている人がいたら、同じカードが手札にいっぱいあると考えてよいだろう。

4人プレイで20分ほど。序盤に「5」のカードが3枚出てしまったので、「10」をめぐる攻防戦がメインとなる。みんなが「10」に熱中している間に、「7」や「8」といった微妙な枚数のカードを集めに走り、できるだけ場札に出さないようにして貯めこんだが同じことを考えている人がいた。1位タイではお金をもらえないというルールがあり、枚数がことごとくかぶって収入がほとんど入らず3位。「あれ? そういえば8が出てないですね」「誰か貯めこんでるんでしょ」などと探りを入れたりするのも楽しかった。

お金を支払うリスクを承知でカードを取るか、お金が入るように取りにいくか。左どなりの人が集めているカードが自分のところに回ってきたとき、止めるか渡すか。1位を取れなさそうなカードが回ってきたとき、お金がいくらついていればもらうとよいか。シンプルなルールの中にクニツィア的なジレンマが仕込まれている作品だ。

Rights
佐々木隼/オインクゲームズ(2015年)
3~5人用/9歳以上/10~20分

コメントする

カレンダー