ルールライティングのチェックポイント

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームマーケット2015秋まで、あと3ヶ月となった。創作ゲームを出展するサークルは、準備をそろそろ始めているところだろうか。今回は史上最多の出展となり、その中には初出展のところも多いと思う。そこで、ルールを書く上でのチェックポイントを確認して頂きたい。

というのも、ゲームマーケットでは毎回のように、ルールが分からなくて遊ぶまでに至らないケースが起こるからである。ルールを執筆する時間が多く取れないこと、印刷代を節約しようと紙面を凝縮してしまうこと、何度もテストプレイしているうちにできる暗黙の了解が多くなってしまうことなどが原因と考えられるが、売ったほうも買ったほうも悲惨である。

ルールを書くときに一番よい方法は、ドイツゲームのルールブックをいくつか脇において、それを見ながら書くことである。構成や言い回しなど、そのまま使えるものが多い。ボードゲーム愛好者はそのような構成・言い回しに慣れているので、誤解も起こりにくいだろう。

後から遊ぶ人はルールブックだけが頼り。最後はルールを書いた人以外に読んでもらって、それだけで遊べるかチェックすることが望ましい。

以下がチェックポイント。

  1. 基本的な項目が全て備わっているか(コンポーネントの名称と個数、準備方法、手番に行うこと、終了条件勝者の決め方など)
  2. 「カードを出す(並べる・置く)」のは表/裏にしてかが明記されているか
  3. 手番の順番(時計回り、反時計回り)が明記されているか
  4. 可能(してもよい)なのか必須(しなければならない)なのか
  5. 1つだけなのか、いくつでもいいのか
     例:カードを出さなければいけません。
       ↓
       出すカードは何枚でもよい?
       ↓
       カードを1枚出さなければなりません。
  6. 以上、以下、未満は明確になっているか
     例:手札が8枚あれば、1枚を捨てなければなりません。
       ↓
       8枚ちょうどのときだけ、それ以上あっても?
       ↓
       手札が8枚以上あれば、1枚を捨てなければなりません。
  7. 「半分」で、切り上げか切り捨てかが明確になっているか
     例:手札が8枚以上あれば、半分を捨てることができます。
       ↓
       奇数だった場合は?
       ↓
       手札が8枚以上あれば、半分(端数切り捨て。9枚の場合4枚)を捨てることができます。
  8. タイブレイクが明記されているか
     例:1位のプレイヤーが5点、2位のプレイヤーが3点を得ます。
       ↓
       1位が複数いた場合は?
       ↓
       1位のプレイヤー(複数いる場合はその全員)が5点、次点のプレイヤーが3点を得ます。
  9. ルール全体で用語が統一されているか(コマ、トークン類)
  10. 場合分けしたとき、「重複なく、漏れなく(MECE)」が守られているか(場合分けしたとき)
  11. 例外的な状況の説明があるか(山札がなくなった場合など)
  12. 曖昧な表現はないか
     例1:「ダイスを3回まで振り直すことができます」
       ↓
       最初に振ったのは回数に含まれる?
       ↓
       最初にダイスを振った後、2回まで振り直すことができます。
     例2:「-1点を失います」
       ↓
       マイナスを引かれるということはプラスになる?
       ↓
       「-1点になります」または「1点を失います」
  13. 誤字脱字はないか
  14. 一読して分かりにくい言い回しはないか
  15. こみ入ったルールに、例や図解があるか
  16. 機能していないルールや、無意味に煩雑な部分はないか

こちらも併せてどうぞ:I was game:ボードゲームのルールを書くための5つの tipsThe Game Gallery:ルールライティング時のチェック項目

コメントする

カレンダー