ホビージャパン、1~3月の輸入リストを発表

| コメント(2) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは年明け1~3月発売予定の輸入ゲームリスト5タイトルを発表した。英語などの外国語版だが、日本語ルールが添付される。

エクリプス:断絶の影(Eclipse: Shadow of the Rift)
T.ターコカッリオ作、ラウタペリト(フィンランド)、2~6人用、14歳以上、30分×プレイヤー人数、7000円(税別)、1月下旬発売予定。プレイするためには『エクリプス』本体(税別12000円)が必要。
SFボードゲーム『エクリプス』にウラシマ効果、進化、偏差など新たな要素を導入する拡張セット。また、新たなレア技術、研究、発見タイル、プレイヤーボード2枚、新たな異星種族3種族が追加される。各要素はモジュール式で、好みに応じて導入できるため、自分たちだけの銀河文明興亡史を楽しむことができるだろう。またほかの拡張セット『エクリプス:古代種族の夜明け』や『エクリプス:宇宙船パック』と合わせて遊ぶこともできる。

ネイションズ:王朝紀(Nations: Dynasties)
R.ホカンソン、N.ホカンソン、E.ローセン、R.ローセン作、ライタペリト(フィンランド)、1~5人用、12歳以上、40分×プレイヤー人数、4500円(税別)、1月下旬発売予定。プレイするためには『ネイションズ』本体(税別12000円)が必要。
文明発展ボードゲーム『ネイションズ』の拡張セット。「インド」「アラブ」「日本」「モンゴル」「ペルシア」など新たな12の国家、「ムガル朝」「マウリヤ朝」「共和制ローマ」「元朝」などの王朝カード、混乱カード、「自然の驚異」などが含まれる追加の進歩カードなどの要素を加える。
永きにわたり継続し、繁栄する強い政体を維持するのは難しい。国家の指導者であるプレイヤーはこの難事を、いかなるアクションを取るべきか選択し、助言者からの言葉を選び、戦わなければならないときには毅然と立ち向かわなくてはならない。

M.U.L.E./ミュール(M.U.L.E. The Board Game)
H.ハイユ、ラウタペリト(フィンランド)、3~4人用、14歳以上、35分×プレイヤー人数、10000円(税別)、1月下旬発売予定。
1980年代後半、NECのPC-8801 MkIIやシャープのX1、MSX2などに移植された、伝説のマルチプレイヤーズ・PCゲームのアナログゲーム版。
プレイヤーは銀河連邦の異星人の惑星開拓者となり、惑星Irataの開拓に共同で着手する。土地を獲得し、作物を育て、食糧やエネルギーや鉱石を獲得し、クリスタルを製造するが、そのために必要なのは汎用労働機器(Multiple Use Labour Element)、略してミュール(ロバ、駄馬の意)。プレイヤーはこのM.U.L.E.を町で購入して、惑星の開拓のありとあらゆる局面で使用するが、数には限りがある。また、生産した産物は開拓に必要となるものであり、取引することが可能ですが、そこには市場原理が働く。
鉱石はプレイヤーは使用しないが、店に売ると、店はその鉱石でM.U.L.E.を製造する。食糧はさまざまな開発事業を行ったり、M.U.L.E.の用途を設定したりするために必要だ。エネルギーはM.U.L.E.を動作させるために必要となり、決して切らしてはならない。一方、クリスタルは惑星Irataでは用途がありませんが、非常に価値があり、輸出することで利益が得られる。
次に宇宙船が戻ってきたとき、産物をすべて売却し、もっとも富を得ていたプレイヤーが勝者となるが、開拓が成功していなければ、プレイヤー全員が負けになってしまう。レトロPCゲームファンには見逃せない、名作PCゲームの移植作だ。

ドクター・パニック(Doctor Panic)
R.フラガ作、ルポ・プロドゥクシオン(ベルギー)、2~9人用、12歳以上、12分、5600円(税別)、2月下旬発売予定。
変わったゲームを連発するフランス人デザイナー、R.フラガのリアルタイム協力ゲーム。プレイヤーは地域で一番の病院の外科チームとなり、協力して、緊急医療室に運び込まれた患者を救わなければならない。
そのため、プレイヤーは事前に各医療行為を分担し、迅速に、正確にこなしていく。何人かはプレイヤー全体を把握する役割である緊急医療指揮者となり、その他の医師に必要な指示を与える。診断書に従って必要な薬品を指示し、適性な分量を見極めて投薬を準備し、外創部を緊急縫合していく、というように、ゲームはリアルタイムで進行し、心肺蘇生装置が止まるまでに適切な治療を施せば全員の勝利となる。タイマー代わりとなる心肺蘇生装置はYoutubeで公開されているほか、フリーダウンロードアプリが使用できる。

マイ・ハッピー・ファーム(My Happy Farm)
O.ネフスキー、O.シドレンコ作、ポータル(ポーランド)、2~4人用、8歳以上、約30分、4500円(税別)。3月下旬発売予定。
『ミステリウム』のデザイナーコンビニがデザインした農業ボードゲーム。種を買い、植え、手入れをし、借り入れて家畜たちに与える。家畜たちは成長に必要な美味しい餌をおなか一杯に食べて、どんどん、長く、あり得ないくらい長く、成長していく。長ければ長いほど、プレイヤーは優秀な農夫であるということ。良く肥えた家畜は幸せであり、幸福な家畜こそ得点となるのだ。しかし、家畜たちは一度でも食事を減らされ体重を落としてしまうと、ダメな飼い主の元を離れていってしまう。
ゲーム終了時に最も幸せな家畜を育てていたプレイヤーが勝者となる。

コメント(2)

ホビージャパンの情報は信用できませんね
下旬発売というから予約したのに、月末になって「来月下旬発売になりました」とかふざけてる
発売中止になるものもありますし

どうしてそういうことが起こるか調べてみると面白いですよ
日本と海外との仕事への向き合い方の違い、輸送手段、日本のボードゲーム市場の弱さ等
ホビージャパンさんだけではどうにもならない事情が結構あったりするんです。全部とは言いませんが

コメントする

カレンダー