厚切りジェイソン、家族でボードゲーム

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

TBS系列で12月4日に放送された『中居正広の金曜日のスマたちへ(金スマ)』にて、お笑い芸人の厚切りジェイソン氏が登場し、幼少期にボードゲームを遊んできたエピソードが明かされた。

"Why Japanese people?!"でブレイクした厚切りジェイソン氏。この番組ではIT企業の副社長とお笑い芸人を両立させている秘密に迫った。

ジェイソン氏が育った家庭の教育方針は「家族でゲームをすること」。毎日数時間はボードゲームをしてきた結果、「子供の頃から相手をどう倒すか、戦略的な思考が身についていった」。この再現映像では『ラミィキューブ』が遊ばれている。ジェイソン氏は1986年生まれなので、90年代のドイツゲームの波がアメリカにも知られるようになっていった時期と重なる。

彼の著書では、子供の頃から毎日、夕食の後に1~2時間ボードゲームをしていたこと、棚いっぱいにいろんな種類のボードゲームがあったことが述べられている。

厚切りジェイソン氏は週刊誌『AERA』に連載中の「厚切りビジネス英語」で「ビジネススキルの源はボードゲーム」と語り、最近は『ボーナンザ』にハマっているという。

togetter:「ビジネススキルの源はボードゲーム」by 厚切りジェイソン

金スマ・厚切りジェイソン

コメントする

カレンダー