『ダイスシティ』日本語版、5月14日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは5月14日、ダイスを使ったギリシャの都市建設ゲーム『ダイスシティ(Dice City)』日本語版を発売する。V.バギアルタキス作、1~4人用、10歳以上、45~60分、4400円(税別)。

アーティピアゲームズ(ギリシャ)とAEG(アメリカ)が共同で2015年に発売した作品。「コロガリア王国」の女王が遷都を計画している中で、自分の都市が新首都になるよう競争を繰り広げる。蛮族との戦いを引き受け、素晴らしい建物を建て、貿易路を開拓して、王国民の支持を得よう。どの戦略にせよ、ライバルたちの攻撃に注意を払い、自分の都市と領地の天然資源をうまく管理し、正しい判断と正しい戦略によって運を最大限に利用しなければならない.

複数のダイスを振って自分の都市の建物に置き、その効果を使ってリソースや特殊効果を得、さらに新たな建物を建てていく。「ダイス・クラフティング」ゲームだ。

各プレイヤーは5色×ダイス目1~6の30マスに建物がついたプレイヤーボードをもち、5色のダイスを振って対応する建物に置く。置いた建物の効果を使い、蛮族やほかのプレイヤーを攻撃したり、建物を上書きしたりしていく。リソースをたくさん集めれば、高得点の交易船も獲得できる。こうして集めた勝利点で勝敗を決める。

内容物
プレイヤーボード:4枚、トークン:92枚、ダイス:20個、カード:149枚、早見表:4枚、マーカー:1個、ルールブック


(写真は英語版)

コメントする

カレンダー