ボードゲーム愛好者の喫煙率

| コメント(4) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲーム愛好者はタバコを吸う人が少ないように感じているが、ツイッターのアンケートでもそのような結果が出た。成人男性の全国平均喫煙率が30.3%、成人女性の平均喫煙率は9.8%であるから(JT全国喫煙者率調査)、ボードゲームの愛好者が男性8割・女性2割だとして、平均的には26%(30.3%*0.8+9.8%*0.2)ぐらいいくはずが、このアンケートでも10ポイント以上低い(ツイッターのユーザーの偏りという可能性もある)。

ボードゲーム愛好者には喫煙者が比較的少ないとすればそれはどうしてか。「ボードゲームをしながらタバコを吸えない」というのは理由ではないように思われる。というのも、休憩時間に外に行けばタバコを吸うことができるからである。この点はほかの趣味、例えばスポーツと変わらない。

世界的に、学歴が高いほど喫煙率が下がることを示す統計研究がある(マイナビウーマン:禁煙と学歴の相関性とは?「高卒の禁煙率48.8% 院卒80.7%」―米調査)。先日、アメリカを中心に2400人のボードゲーム愛好者アンケートが行われ、回答者の約3分の2が大卒以上、残り3分の1も多くは大学中退や短大卒などだったという(The Daily Worker Placement:SURVEY RESULTS #1: WHO ARE WE?)。日本にもこの傾向があるとすれば、ボードゲーム愛好者は高学歴者が平均より多く、それゆえ喫煙率が低いといえるだろう。

さらに喫煙者の男性は非喫煙者の男性よりIQが低いというイスラエルの研究がある(Gigazine:タバコを吸う若い男性は非喫煙者に比べIQが低い傾向が明らかに)。これを裏返せば、学歴と関係なくIQが高い人は、自身の健康に気を遣ってタバコに手を出さないということになる。ボードゲームは、それなりのIQを要求するものであるので、自然と非喫煙者が多い趣味になると考えられる。

どちらも論証としては弱く、ボードゲームという趣味と学歴やIQを直接結びつけるものではないが、ボードゲームをしているから喫煙しないのではなく、喫煙しない層がボードゲームをより好むというべきかもしれない。ほかに喫煙率が低い理由が考えられないか、再考していきたい。

一方、ニコチンには脳波覚醒度を高め、注意の集中を増大させ、情報の処理時間を短縮する効果もあるという(喫煙科学研究財団:喫煙と精神機能・パーソナリティ)。喫煙者にとってはタバコがボードゲームを楽しむのに役立つともいえる。この記事は純粋に現状の分析をするものであって、ボードゲームを愛好する喫煙者を差別する意図は全くないことを付け加えておく(喫煙者でボードゲームが強い人、たくさんおります)。

コメント(4)

タバコ→ボドゲ→学歴→IQ 何この紐づけw 

最後の方なんて、なんのフォローにもなってないやん

タバコが嫌いなら嫌いって書けばいいのにw

喫煙者からしたらこんな人フォローから外すだろうからねぇ。
アンケ自体無意味やろ

私は元喫煙者の現非喫煙者
嫌煙家のこの飛躍した発想がマナーの悪い喫煙可と同じかそれ以上に知性も感じず
大嫌いです

反論が未熟すぎてなるほど喫煙者のIQが低いという研究結果にも信憑性があると思わせられる

コメントする

カレンダー