日本科学未来館リニューアル、巨大ボードゲーム展示

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・お台場の日本科学未来館は4月20日から常設展をリニューアルオープンする。新たな6つの展示の中で、ドロッセルマイヤーズの渡辺範明氏がゲームデザインした新展示「未来逆算思考」が始まる。

「未来逆算思考」は、50年後の人たちにどんな地球を贈ることができるのか、ゲーム形式でアクティブに体験するという展示。これまでの考え方では先が見通せない問題について、理想の未来から逆算することで展望する。10m以上の大きさの巨大なボードゲームだ。

監修者には多くの大学研究者が携わっているほか、開発スタッフとしてゲームデザイン/ディレクションにドロッセルマイヤーズの渡辺範明氏、イラストにオインクゲームズの平岡久典氏、プロジェクトマネジメントにアークライトの野澤邦仁氏が参加。ゲームデザインの手法で「思考法」という目に見えないものを展示する。

日本科学未来館では5月30日までデジタルゲームが実際遊べる特別展「GAME ON」展が行われている。ゲームマーケットの前後などにあわせてご覧になってみてはいかが。

日本科学未来館
ドロッセルマイヤーズ:【制作中!】日本科学未来館 常設展示『未来逆算思考』

コメントする

カレンダー