ホビージャパン、注目の日本語版リリース予定を公開

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは本日から開催されている東京おもちゃショー2016に出展し、今後の日本語版リリースを発表した。愛好者待望のボードゲームが目白押しで、早速ツイッターでは嬉しい悲鳴が上がっている。

これまで情報が出ていなかったものとしては、まず『タイムストーリーズ(T.I.M.E Stories)』が注目される。スペースカウボーイズ社(フランス)が昨年発表したナラティブな推理ゲームで、フランス年間ゲーム大賞、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞、ゴールデンギーク賞など、数多くの賞にノミネートされている。テキストの多さに加えてネタバレ禁止のため日本語版が待望されていた。今秋の発売予定。

『アグリコラ:リバイズドエディション(Agricola Neuauflage)』は、先日ドイツで発売されたばかり。オンライン版のプレイログをもとにカードの効果を細かくバランス調整し、ルールも分かりやすく構成し直している。こちらはまもなく発売の見込み。拡張を入れないと4人までしか遊べなくなったが、お値段は6500円(税別)と安価になっている。

同じルックアウトシュピーレ社(ドイツ)から、2人用ゲームの『路面電車(Trambahn)』が日本語版となる。これまで輸入版が『トラムバーン』という邦題で流通していたが、このたびの日本語版ではK.フランツが描き起こした日本の路面電車のイラストに差し替えられた。今夏発売予定で、3600円(税別)。

『パンデミック:クトゥルフの呼び声(Pandemic: Reign of Cthulhu)』は、おなじみ『パンデミック』のシステムで、カルティストを撃退し、クトゥルフの復活を阻止する協力ゲーム。8月4日に世界同時発売を予定している。5000円(税別)。

『キング・オブ・トーキョー(King of Tokyo)』もルールやカードテキストを改良したリメイク新版。『インジーニアス(Ingenious)』もタイルを紙製にして価格を下げた新版が出る。『ドミニオン:帝国(Dominion: Empires)』は昨年の『冒険』に続く新拡張セットだ。

さらに、すでにリリース情報が公開されている日本語版では『キリンメーター』(6月中旬、3000円)、『マイス&ミスティクス』(6月下旬、8000円)、『オー・マイ・グーッズ!』(7月上旬、1600円)、『ロールフォーザギャラクシー』(7月上旬、7600円)もあり、どれも遊びたいけれどもとても買いきれない状態だ。

コメントする

カレンダー