オインクゲームズから『インサイダー・ゲーム』6月19日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

オインクゲームズは6月19日、正体隠匿系コミュニケーションゲーム『インサイダー・ゲーム』を発売する。4~8人用、9歳以上、15分、2200円(税別)。同日、名古屋で開催される「ファミリーゲームフェスティバル」では試遊ができ、会場価格2000円で販売される。

お題を知っているマスターに、「それは生き物ですか?」「100年前からありますか?」「コンビニで売っていますか?」など、ほかの全員で自由に質問をしていく。質問は「はい」か「いいえ」で答えられるものとし、制限時間は5分。

ほかのプレイヤーの中にたった1人だけ、正解を知っているインサイダーがまぎれこんでいるところがポイント。インサイダーは正体を隠しながら、徐々に正解に近づいていくような質問を繰り出し、場を思い通りの方向に導いていく。

クイズに正解した後、誰がインサイダーなのか、マスター含めた全員で議論して探っていく。はたしてインサイダーは、自分の正体を知られないように、場を正解に導くことはできるだろうか?

制限時間によって短時間で盛り上がる、クイズと、正体探しの楽しさがマッチしたコミュニケーションゲームだ。

内容物:お題カード42枚、役割カード8枚、砂時計

オインクゲームズ:オインクゲームズは、2016年6月19日に名古屋国際会議場で開催される「ファミリーゲームフェスティバル」で、新作「インサイダー・ゲーム」を発売します。

コメントする

カレンダー