キーワードが重なるものを考えよう『ニット・ウィット』日本語版、1月中旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは1月中旬、複数のキーワードが重なるものを考えるワードゲーム『ニット・ウィット(Knit Wit)』日本語版を発売する。デザイン・M.リーコック、イラスト・P.グエリン、2~8人用、8歳以上、15分、4000円(税別)。

フィロソフィア(カナダ)が今年発売したパーティーゲームで、紐の輪と糸巻とワードタグで「知恵を編む(ニット・ウィット)」。ホンモノの紐と糸巻、洗濯ばさみが入ったコンポーネントが目を引く。

ゲームは「編む」、「回答」、「得点」の3つのステップに分かれる。「編む」ステップでは、番号が表示された糸巻を囲むように紐の輪を置き、囲んだ紐の輪に「生きている」「神秘的」などのワードタグをつけ、その中に糸巻を置く。「回答」ステップでは、糸巻ごとに囲んでいる紐のワードタグに当てはまる回答を各自記入。「得点」ステップでは全員で回答を発表し、得点計算をする。

ほかのプレイヤーと同じ回答は無得点、特徴が合っていないと思われる回答は全員で審査し、認められた回答はその糸巻を囲んでいる紐の輪の数と同数の得点となる。さらにボーナスボタンの点数と合わせて合計得点が最も多いプレイヤーがゲームの勝者となる。

国産ゲーム『百科審議官』(Josee Design、2006)を想起させる作品だが、多人数でできるのが特徴。奇想天外な回答に笑いが巻き起こるだろう。

内容物:ワードタグ114枚、「シャッフル」タグ1枚、紐の輪8本、糸巻8個、洗濯バサミ8個、ボーナスボタン4個、色鉛筆8本、回答用紙1冊、ルールシートほか

ニット・ウィット(コンポーネント)

コメントする

カレンダー