美味しいワインを作ろう『ワイナリーの四季』日本語版、2月11日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ワイナリーの四季アークライトは2月11日、『ワイナリーの四季(Viticulture)』日本語版を発売する。デザイン・M.M.ペダーセン、J.ステグマイアー、A.ストーン、イラスト・B.ソーベル、1~6人用、13歳以上、45~90分、7200円(税別)。

『ふたつの街の物語』『大鎌戦役』で急速に注目を集めているストーンマイアーゲームズ(アメリカ)が2013年に発売した作品。今回の日本語版は2015年のエッセンシャル版に基づく。

舞台は伝統的なワイナリーがひしめくワインの銘醸地イタリア・トスカーナ地方で、長いこと疎遠だった親から突然ワイナリーを相続したプレイヤーが、荒れ果てた畑と古びて使い物にならなくなった施設を復興させる。

ブドウの樹を植え、畑を管理し、季節労働者の手を借りて収穫し、ブドウを搾り、醸造し、熟成させて、ネゴシアン(問屋) のオーダーに沿ったワインを出荷して、収入と名声を獲得していこう。施設を改修し、見学やテイスティングが目的の観光客の力を得ることも大切だ。

ワイン製造過程をありありと描写するだけでなく、ワーカープレイスメントによるアクション選択、建物による特殊能力、充実した木の駒と、楽しい要素満載の一作。イベントカードのテキストも日本語になり、遊びやすくなっている。

内容物:カード232枚、コマ類:226個、ゲーム盤1枚、ルール説明書1冊、ワイナリーボード6枚、早見表1枚

ワイナリーの四季(コンポーネント)

コメントする

カレンダー