ダイスロール&書き込み『ダイス・スター』日本語版、3月中旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは3月中旬、フランスのゲームデザイナーコンビによる書き込み式ダイスゲーム『ダイス・スター(Dice Stars)』日本語版を発売する。デザイン・B.カタラ&L.モーブロン、イラスト・S.トバル、1~4人用、10歳以上、20分、2600円(税別)。

オリジナルは2016年、マタゴー社(フランス)から発売された。デザイナーのB.カタラとL.モーブロンがコンビを組んだ作品として『ダイスタウン』『キクラデス』(共にマタゴー社)がある。

1~3個のダイスを袋から取って振り、「目の数」か、「色」か、「☆」を選んで取り、出た目の合計数をスコアシートに記入する。「色」なら色の縦の列、「目の数」なら横の列に書き込むが、そこまでのマスを×印で埋めなければならない。「☆」の目はボーナスで、埋めきれば得点が2倍になる。

ほかのプレイヤーが使わなかったダイスを使うこともできるため、先読みの要素もある。ほかのプレイヤーがどこのマスを埋めているのかをよく観察しておかなければならない。

運だけではなく、どうやって得点を伸ばしていくのかという戦略も悩ましく、ほかプレイヤーとの駆け引きも白熱する新作ダイスゲームだ。

内容物 専用ダイス14個、布袋 1枚、スコアパッド1冊ほか

ダイス・スター日本語版(コンポーネント)

コメントする

カレンダー