リアルタイム粘土ゲーム『トイバー親子の密輸業者』、3月18日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

トイバー親子の密輸業者日本語版アークライトは3月18日、密輸品を粘土に包んで隠すリアルタイムゲーム『トイバー親子の密輸業者(Schmuggler)』日本語版を発売する。デザイン・K.トイバー&B.トイバー、イラスト・フィオーレ、2~4人用、8歳以上、40分、4600円(税別)。

オリジナルは昨年春、コスモス社から発売されたもの。『カタン』の作者トイバーが親子でデザインした作品で、まもなく発売となる『トイバー親子の王国騒動』に続いての日本語版だ。日本ではメビウスゲームズが輸入版を取り扱っている。

チャーリー・ポテト密輸団の応募者たちが適性コンテストを合格することを目指す。適性コンテストでは、ポテトが多く詰まった袋の中に密輸品を忍ばせ、フェンスの穴を通り抜けてゴールに到達しなければならない。なるべく大きい袋を密輸して、ほかの応募者の小さすぎる袋やフェンスに引っかかった大きすぎる袋を奪おう。でも他の応募者がワナとして忍ばせた「悪臭爆弾」にも注意!

ボード上のフェンスにはいくつかの穴があり、サイコロで今回の穴を決めたら、砂時計が落ちるまでの間に密輸品を入れた粘土の玉を作る。順番にフェンスを転がし、穴を通過できた玉のうち、大きいものを作った人が密輸品をゲット。さらに穴を通過しなかった玉や、小さい玉の中身を当てれば獲得できるチャンスもある。

限られた時間の中で穴の目算と粘土の量の調整で勝負するという、異色の作品だ。

コメントする

カレンダー