ドイツ年間ゲーム大賞2017ノミネート

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)選考委員会は本日、3部門についてノミネート作品と推薦リストを発表した。赤いポーンの年間ゲーム大賞、青いポーンの年間キッズゲーム大賞、灰色のポーンの年間エキスパートゲーム大賞の3部門について各3タイトル、合計9タイトルがノミネートされた。ノミネート作品の中から、赤と灰色のポーンは7月17日にベルリンで、青いポーンは6月19日にハンブルクで大賞を決定する。

メインである年間大賞(赤)にノミネートされたのは、フランスのタイル配置ゲーム『キングドミノ』と、ベルギーのリアルタイム協力ゲーム『マジックメイズ』、ドイツのデッキ構築ゲーム『エルドラドへの競走』の3タイトル。30分以内で終わる短時間ゲームが並んだ。推薦リストには日本のゲーム『タイムボム』のリメイクなど、バラエティ豊かな5タイトルが選ばれている。

エキスパートゲーム大賞(灰色)のノミネートには、ドイツの謎解きゲームシリーズ『脱出:ザ・ゲーム』、ニュージーランドのバイキングゲーム『北海の略奪者』、スウェーデンの火星開拓ゲーム『テラフォーミング・マーズ』が選ばれた。エキスパートへの入門と位置づけられている賞で、プレイ時間は45~90分の作品が並んでいる。推薦リストには、日本語版も出ている『大いなる狂気の書』など4タイトルが入った。

審査員長のT.フェルバー氏はコメントで、協力型の謎解き脱出ゲームが今年の重要なトレンドという見方を示し、これまでに3タイトル発売されシリーズ化している『脱出:ザ・ゲーム』はいずれも優れているため、3タイトルまとめてノミネートすることになったという。またカテゴリーについては、ある程度の経験が必要としてエキスパートゲーム大賞でのノミネートとなっている。

キッズゲーム大賞(青)には、ドイツの海賊手探りゲーム『キャプテンシルバー』、ドイツのペンギンおはじきゲーム『アイスクール』、フランスの記憶力探険ゲーム『ミステリアスな森』がノミネートされた。3部門で合計27タイトル、「子どもでも男性でも女性でも、推薦リストから少なくとも1つは自分に『合った』ゲームが見つけられるよう」できるだけ多様なゲームを選ぶようにしているという。

3部門にノミネートされた9タイトルのうち、現在のところ日本語版が発売されているのは『キングドミノ』(テンデイズゲームズ)、『マジックメイズ』(ヘムズユニバーサルゲームズ)、『アイスクール』(ホビージャパン)の3タイトル。発売が予定されているのは『脱出:ザ・ゲーム』(グループSNE)、『テラフォーミング・マーズ』(アークライト)の2タイトル。日本の出版社も多様な状況だ。

【年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)ノミネート】
キングドミノ
(Kingdomino / B.カタラ / ペガサスシュピーレ)
マジックメイズ
(Magic Maze / K.ラップ / シットダウン!)
エルドラドへの競走
(Wettlauf nach El Dorado / R.クニツィア / ラベンスバーガー)
推薦リスト:デジャブ、ドデリド、ファーベルザフト(Fabelsaft)、クラスク(Klask)、シフタゴ(Shiftago)、恐怖の古代寺院(Tempel des Schreckens)、ワードスラム(Word Slam)

【年間エキスパートゲーム大賞(Kennerspiel des Jahres)ノミネート】
脱出:ザ・ゲーム
(Exit: Das Spiel / I.ブラント&M.ブラント / コスモス)
北海の略奪者
(Räuber der Nordsee / S.フィリップス / シュヴェアクラフト出版)
テラフォーミング・マーズ
(Terraforming Mars / J.フリクセリウス / シュヴェアクラフト出版)
推薦リスト:大いなる狂気の書、キャプテンソナー(Captain Sonar)、グレート・ウェスタントレイル、ル・ポイル(Les Poilus)

【年間キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)ノミネート】
キャプテンシルバー
(Captain Silver / W.ディシャール&M.ラインドル / クイーンゲームズ)
アイスクール
(Ice Cool / B.ゴメス / アミーゴ)
ミステリアスな森
(Der Mysteriöse Wald / C.ロッシ / フッフ&フレンズ)
推薦リスト:チキブーン、腹ぺこヒナの成長物語、しずくのオバケ(Glupschgeister)、転がる魔女(Kullerhexe)、スリーピング・クイーン(Sleeping Queens)、キツネだまし(Verfuxt!)、魔法学校の3人(Zauberei hoch drei)

Spiel des Jahres e.V.:Die Nominierten 2017 stehen fest

コメントする

カレンダー