イタリア・ルネッサンスの権力を手中に!『ロレンツォ・イル・マニーフィコ』日本語版発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは6月15日、『ロレンツォ・イル・マニーフィコ(Lorenzo il Magnifico)』日本語版を発売した。デザイン・S.ルチアーニ&アッキトッカ、イラスト・K.フランツほか、2~4人用、12歳以上、60~120分、6400円(税別)。

オリジナルは2016年、クレイニオ・クリエーションズ(イタリア)から発売されたボードゲーム。デザイナーは『ツォルキン』や『マルコポーロの旅路』を手掛けたルチアーニと、デザイナー集団「アッキトッカ」からF.ブラシーニとV.ギグリが手を組んだ。シュピールのスカウトアクションでは、「規定票数には届かなかったものの評価の高かった作品」に挙げられ、日本でも輸入版が高評価を受けていた。

タイトルはイタリア・ルネッサンス期に権力を集めたロレンツォ・デ・メディチの異名。プレイヤーは貴族一家の長となり、家族をさまざまな著名人のもとへ送り込んでイタリアの発展に貢献し、勝利点を得ることを目指す。ワーカー駒を用いて建物や領地を表すカードを獲得し、そのカードの効果でさらに力を伸ばしていく拡大再生産ゲームだ。

ワーカー駒の能力(数値)はサイコロの目によって決められるのが大きなポイント。ワーカー駒の能力によって獲得できるカードが制限されたり、カードを発動させた際に得られる効果が変わる。サイコロによって変わる能力に対し、的確で臨機応変なアクションの選択や戦略が求められる。

また、教会への信仰も重要で、途中で教会に援助を求められる。信仰点が足りなかった場合は、大きなペナルティが課せられるのだ。将来のためにあえてペナルティを受けるか、おとなしく従っておくかも的確な判断が求められるだろう。

プレイ時間も長めで、挑戦しがいのあるゲーム、満を持して日本語版の登場だ。

内容物:ボード1枚、個人ボード4枚、個人ボーナスタイル4枚、コイン、ダイス3個、木材駒、石材駒、使用人駒、一族駒16個、波紋駒2個、マーカー16枚、破門タイル21枚、カバータイル4枚、発展カード96枚、指導者カード20枚、シールシート、ルールブック、クイックリファレンスカード

テンデイズゲームズ:ロレンツォ・イル・マニーフィコ 日本語版
レビュー検索:ロレンツォ・イル・マニーフィコ

ロレンツォ・イル・マニーフィコ日本語版(コンポーネント)

コメントする

カレンダー