ミープルチョイス2016、『横濱紳商伝』が3位に

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

インターネット上のボードゲーム愛好者グループ「シュピールフリークス(Spielfreaks)」は10日、ミープルチョイス賞(Meeples' Choice Award)2016を発表した。昨年1年間に発売された新作から70名の投票の結果、『テラフォーミング・マーズ(Terraforming Mars)』が1位となり、『横濱紳商伝』が日本のボードゲームとして初めてランクインした。。

投票は2段階選抜で行われる。1回目の投票で約30タイトルに絞られ、さらに2回目の投票で最終結果を決めた。1位となった『テラフォーミング・マーズ』は火星開拓をテーマにしたスウェーデンのゲーマーズゲーム。ドイツ年間エキスパートゲーム大賞でもノミネートされている。

2位の『グレート・ウェスタン・トレイル』と僅差で3位につけたのは日本のボードゲーム『横濱紳商伝(Yokohama)』。横浜を舞台にあちこちの建物を巡って商人としての名声を高めるゲームだ。日本のゲームとしてはこれまで、2012年の『ラブレター』4位が最高だったが、これを塗り替えてベスト3にランクインした。特に世界各国で好評の『大鎌戦役(Scythe)』や『オーディンの祝祭』よりも多く票数を集めたのは注目に値する。

『テラフォーミング・マーズ』と『グレート・ウェスタン・トレイル』はアークライトが日本語版を発売する予定。近年のミープルチョイス賞は『コードネーム』、『ロールフォーザギャラクシー』、『ロシアンレールロード』、『テラミスティカ』が選ばれている。

【ミープルチョイス賞2016】
1位:テラフォーミング・マーズ(Terraforming Mars )26票
2位:グレート・ウェスタン・トレイル(Great Western Trail)24票
3位:横濱紳商伝(Yokohama)19票

The Opinionated Gamers:2016 Meeples Choice Award Results

コメントする

カレンダー