核戦争後の世界を生き延びろ!『アウトリブ』日本語版、8月26日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは8月26日、『アウトリブ(Outlive)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・G.オリバー、イラスト・M.コワンブラ、2~4人用、14歳以上、25~100分、6500円(税別)。

ル・ボワテ・ドゥ・ジュ社(フランス)が今年、キックスターターで41万ドル(約4600万円)を集めて製品化した作品。同社の製品の日本語版は、『10ミニッツ・トゥ・キル』に続いて2タイトル目。

最後の水源を巡る核戦争によって破壊された世界が舞台。生存者は推定3万人でなおも減少している中、4個のクランを形成し、地下シェルターで生存競争を繰り広げる。世界中を移動して優れた生存者を集めている集団「コンボイ」に見い出されることが最後の望み。この集団に選ばれると、海中に隠された人類最後の都市に移住できる。

メインシステムはワーカープレイスメントで、英雄を移動させて資源を集め、夜には地下シェルターを拡張して新しい生存者を集める。特別な点は、手下の強さによって移動や集められる資源が変わるところ。それぞれ異なる強さの手下をどこに配置するかで、戦略性とインタラクションが生まれる。

コンボイ到着までの6日間を耐え抜き、選ばれしクランになれるだろうか?

内容物:
ゲーム盤1枚、コンボイボード1枚、シェルターボード4枚、英雄コマ16個、放射能マーカー4個、カード類16枚(※カードサイズ:63×88mm)、トークン類312枚、タイル類128枚
ルール説明書1冊

アウトリブ日本語版(コンポーネント)

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンクフリー このバナーをお使いください