ボブジテン(Bob Dictionary)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

意外と説明できないカタカナ語

ボブジテン

日本語大好きなボブが、カタカナ語抜きで説明するカタカナ語を当てていく会話遊び。『捕込』『High!High?High!!』などを発表してきた「つかぽん」が、有明で行われる国内最大の電源不要祭典2017春に発表した。我々がいかに普段からカタカナ語を多用しているか痛感させられる。

順番に親となり、自分だけ読み札を見て今回のお題を確認する。お題は1枚の読み札に6つ書かれており、山札の一番上の数字でどれか決まる方式。お題は全てカタカナ語だが、説明はカタカナ語(外来語、和製英語、漢字を当てた外来語も)を使ってはいけない。

ほかの人は、親の説明を聞いてお題を当てる。早い者勝ちだが、回答権は1回だけなので早とちりしないようにしよう。

正解すれば親と当てた人の両方に得点。そのほか、親が誤ってカタカナ語を使ってしまったら(お題「ネクタイ」で「サラリーマン」など)指摘した人が得点となる。あまりに自然すぎて聞き流してしまうことも。

4人で遊んで10分ほど。「ビール=麦酒」、「パンダ=白黒のクマ」など割とあっさりと説明できてしまうお題が多いが、そういうときはわざと回りくどい言い方にすることで面白みが増す(その結果全員ハズレても、次のお題を出すことができる)。わざとでなくても回りくどくなったり、説明の仕方が誤解を招いたりして、全員ハズレたときも正解を聞いて盛り上がる。外国人風の口調で説明したりするもの楽しく(でもいつのまにか「○○でござる」とか侍の口調になってたり)、頭の普段使わない部分を使う。

遊びこんでお題をだいたい覚えてしまったら、意識高い系が使うような用語とか、18禁用語など、自作して拡張するのも楽しそうだ。

ボブジテン
Kazuna*/TUKAPON(2017年)
3~8人用/10歳以上/30分
8月上旬に再版発売予定

コメントする

カレンダー