4つの拡張『宝石の煌き:都市』日本語版、9月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

宝石の煌き:都市

ホビージャパンは9月下旬、宝石を集めて交換していく人気ゲームの拡張セット『宝石の煌(きらめ)き:都市(Cities of Splendor)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:M.アンドレ、アーティスト・P.キドール、2~4人用、10歳以上、30分、4500円(税別)。プレイするためには『宝石の煌き』基本セットが必要。

『宝石の煌き』はドイツ年間ゲーム大賞ノミネートをはじめ、数々のボードゲーム賞に輝き、2014年に多言語版、2015年に日本語版が発売され、今もなお人気となっているロングセラーのゲーム。拡張セットの発売は初めてとなる。今月のジェンコンで発売されたばかりの新作。4つの独立した拡張セットで、選択してプレイできる。

「都市」は貴族に代えて導入し、より多くの宝石が必要な分、高得点をもたらす。ゲームに勝利するには1つ以上獲得しなければならない。「交易所」はカードを組み合わせることで建設でき、宝石交換などの特殊能力が得られる。「東洋」はカードのコピーや貴族の予約などの特殊能力を加え、「城塞」はカードの予約や征服ができる。

従来のエレガントな展開は失わず、プレイヤー間のインタラクションを増やす拡張セット。「東洋」には日本のお城も登場するなどビジュアルも必見だ。

内容物:開始プレイヤータイル1枚、貴族タイル7枚、ボード1枚、紋章20個、東洋カード30枚、城塞(プラスチック製)12個、ルール

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンクフリー このバナーをお使いください