『テラミスティカ:ガイアプロジェクト』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは9日、人気ストラテジーゲームの派生作『テラミスティカ:ガイアプロジェクト(Gaia Project)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・J.ドレーゲミュラー&H.オスターターク、イラスト・D.ローハウゼン、1~4人用、14歳以上、60~150分、10,000円(税別)。拡張セットではなく単体でプレイ可能。

宇宙を舞台に、惑星をテラフォーミングし、自分の種族を入植させることで勢力を伸ばし、得点を競うゲーマーズゲーム。先月ドイツで開かれたボードゲームメッセ「シュピール」では、会場内の人気投票で1位となった作品である(TGiWニュース )。

種族ごとの特性や、循環するパワーコマのマネージメント、建物のアップグレードといったベース部分は『テラミスティカ』を継承。技術の発展とそれに伴う基礎能力の強化や、宇宙空間を介した自由度の高い入植など、さまざまな箇所にアレンジが加えられている。

また、各ラウンドごとの得点要素のみならず、最終ボーナス得点、技術発展タイル、モジュラータイプのボードなど、多くのランダム性、多様性が盛り込まれているほか、ソロプレイルール制作集団「オートマファクトリー」による1人用ルールは、それだけでルールブックが一冊用意され、NPC相手に本格的なゲームが楽しめる。

『テラミスティカ』は5年前に同じデザイナーと出版社の手によって世に出され、2013年のドイツゲーム賞のほか、数多くのゲームショウを受賞している。こちらの日本語版もテンデイズゲームズで発売中。

テンデイズゲームズ:テラミスティカ:ガイアプロジェクト

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンクフリー このバナーをお使いください