勝利への道(Verflixxt!)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

毎年、ドイツ年間ゲーム大賞のノミネートは愛好者の予想を裏切ってきたが、昨年からその傾向を強めた。愛好者も決してフリーク向けのゲームを予想しているわけではないので、審査員たちは愛好者の考えるような家族ゲームからあえて距離を置き、将来のために何か新しいものを提示しようとしているのかもしれない。

ノミネートされた5作品のうち、難易度が最も低いとされているVerflixxt!(くそったれ)は、クラマーとキースリングという大賞の常連作家で、しかもメーカー大手のラベンスバーガーから発売されていながらあまり注目されていなかった作品だ。ラベンスバーガーはエッセンでYESを、ニュルンベルクではオーストラリアを推しており、この作品は大々的に宣伝していない。おそらくラベンスバーガーにとってもノミネートは意外だったにちがいない。

Verflixxt!は、シンプルながらもひねりのきいたスゴロクゲームだ。スタートからゴールまで、プラスタイルとマイナスタイル、それからマイナスをプラスにできるラッキータイルを並べる。自分のコマは3つ(5?6人なら2つ)。サイコロを振って、その数だけ自分のコマをどれか1つ進める。

あるタイルの上に自分のコマが1つしかないとき(他にコマがないとき)、そのコマを動かしたらタイルを取らなければならない。プラスだったらよいが、マイナスタイルは誰も取りたくないので他の人のコマと一緒に移動したり、「見張り」と呼ばれる中立のコマを踏み台にする。中立のコマは条件さえ満たせば誰でも動かせるので、これを上手に使うのがポイントだ。

全員がゴールしたら獲得したタイルで得点計算。ラッキータイルは、一番大きいマイナスタイルをプラスに転化できる。-9点が+9点になってしまうのだから重要だ。2枚あれば、2番目に大きいマイナスタイルもプラスに転化できる。これを見越してあえて大きいマイナスタイルを取りに行くという選択もありだろう。

バリアントルールとしてタイルの並び順を変えたり1が出たら別のことができたりするというもあるが、基本的にはこれだけ。遊んでいないので実際にどう運ぶかは分からないが所詮サイコロ次第なので、気楽にマイナスを踏んで「くそったれ」というような遊び方になるだろう。

これが数ある作品を押しのけてノミネートされたことを考えると呆気ない感じは否めない。コンポーネントも地味で、大賞がこれになる確率は低いのではないかと思われる。

Verflixxt!
ゲームデザイン・W.クラマー&M.キースリング
ラベンスバーガー(2005年)
2~6人用/8歳以上/30分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください