ゲームに点数?(1)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツ年間ゲーム大賞のホームページに掲載されたコラム「ゲームに点数?」を訳出。

ボードゲームやカードゲームに点数をつけるのは、日刊紙、雑誌、専門誌など(ほとんど)至るところに見られます。トム・フェルバー(年間ゲーム大賞審査員メンバー・ニューチューリッヒ新聞編集)は、自分の評論で意識的に点数をつけないようにしています。なぜそうするのでしょうか。

ボードゲームの点数は、批判的に考えるならばまじめに取り上げることはできない。私にとってゲーム批評家はれっきとした仕事なので、私はボードゲームに点数をつけるのを許せない。

チューリヒにあるどこかのボードゲームショップで新しいゲームを買いたい人は、「このゲームは面白いですか」などという質問を決してするべきではない。答えはだいたいこんな感じだろう。「ボードゲームが面白いかですって? 本気でそう思ってるんですか? ちゃんとゲームをよく見てくださいよ。何が見えます? 箱、木のコマ、紙。箱は面白そうですか? 面白そうじゃない? じゃあこのゲームは面白くないかって? 一緒に遊ぶ人はどうかな。面白がってくれるかもしれませんし、面白くしてくれるかもしれませんよ」こんな感じ。

それから一緒に遊ぶ人はゲームを退屈なものにするかもしれない。さらに悪いことに、彼らはわざとやってるのではないのだ。たいてい彼らは、ゲームとして面白いとか面白くないというのは自分自身であるとさえ気づかず、そのゲームが自身にとって面白いか面白くないかも考えない。

遊ぶ人自身が品質を決める

私は、かつてゲームのルールを音楽作品と比較したことがある。ゲーム仲間はオーケストラであり、デザイナーのアイデアをルールとコンポーネントに基づいて、作曲家の楽譜のように解釈する。その解釈はゲーム仲間によって変わり、遊ぶ人がルールを読む能力と意欲によって上がったり落ちたりする。

遊ぶ人は、自身で活発なパフォーマンスをしなければならず、そのふるまいによってゲームの品質が決まる。「間違った」人々と遊ぶと、ゲームを全く見損なうかもしれない。ある晩に5分やっただけでもう途方にくれ、これは遊べないと思った同じゲームが、別の晩にほかの人と遊んだら3時間も熱中したなんてこともあるだろう。

コンサートで、作曲だけでなく解釈も評価されるのは普通のことだ。でもゲームの場合、ゲーム評論家自身が解釈の一部になる。だからゲームの点数付けでは、雰囲気と一緒に遊ぶ人の状況の中でゲーム評論家が創造した経験がもちろん反映される。挑発をこめてこんな質問をしよう。思考力も知性も全然異なる人々の間で、自分自身の創造力を「ゲームの魅力」と一緒にして点数を付けるのは変じゃないか? 学校の児童たちが、学芸会で自分の創造力やパフォーマンスに自分自身で点数をつけないのは当然である。

たくさんのゲーム評論家が無視しているのは、多くのゲームが、遊びこなすのに心の落ち着きと、知的、社会的、心理的な判断能力を前提とするということだ。バイオリンから間違った音が飛び出すならば、それはバイオリンだけでなくバイオリン奏者のせいかもしれない。ローラースケートの新モデルで何度も鼻を打ちつけて転ぶ人がいるからといって、品質の問題になるだろうか?
(つづく)

コメント(2)

とても挑戦的で興味深いコラムですね。
かねてから思っていたことですが、ゲームの評価には「ゲームを遊ぶメンバーのプレイング」も含まれるということですね。
そしてゲーム仲間をオーケストラに喩えつつ、作曲(ゲーム)の解釈にたいする自らの能力まで含めた点数を付けるという行為に疑問を呈するフェルバー氏の論考にはたいへん説得力があると思います。
しかしわたしはゲームの採点については構わないと考えています。
ただ、ゲームの批評を行う上で、とても大切なことは評価者(とゲームを遊んだメンバー)の指向等の情報を予め開示しておく必要があると考えています。評価軸を明確にするということですね。
次回のコラムを読ませていただいた上で、さらにこの問題について考えていきたいです。

筒井さんのブログに触発されて訳したものでしたので、読んでいただけて嬉しいです。
オーケストラとの比較はもっともらしく聞こえますが、よく考えると大きな違いがあります。オーケストラが解釈の比率が大きい(プレーヤーによって出来が大きく左右される)のに対して、ゲームの方は解釈の比率は小さく(それほど難解なものでなければ誰だって楽しめる)、無視できるレベルではないかと思うのです。
今日つづきをアップしましたので、また考えていきましょう。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください