『ウントチュース!』日本語版、5月31日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ウントチュース!絶版になって久しかったライトでエキサイティングなカードゲーム『ウントチュース!』が、水曜日の会(秋葉原)のプロデュースにより日本語版で甦る。5月31日(日)のゲームマーケットから発売、1980円。

『ウントチュース!(Und Tschüss!)』はイギリスのゲームデザイナー、M.ワレス氏の作品。タイトルはドイツ語で「それじゃバイバイ!」という意味。『蒸気の時代』や『ブラス』などヘビーなゲームで人気のワレス氏だが、この作品は全く系統を異にする。プレイ時間は30分、4〜6人で盛り上がれるシンプルなカードゲームだ。

一斉にカードを出して、一番大きい数字を出した人がカードをもらえる。もらえるカードの得点はどんどん大きくなっていくが、最後に1人だけもらえない人がいる。最後に一番得点の高い1枚をもらってバイバイできるか、その前に得点が低いうちに安全に取りにいくか?

1997年にドイツのゴルトジーバー社から発売になったが現在では絶版。ネットオークションなど入手方法は限られていた。水曜日の会では作者のワレス氏と直接交渉し、ライセンスを取得。この発売で入手が容易になり、より多くの人に遊ばれる機会が増えるだろう。

また、ドイツ語版のデザインは地味なものだったが、今回の日本語化ではデザインにアトラデザインの藤原快氏(『トラッカーズ』)が参加、コミカルで楽しい装いに変わっている。これもより多くの人を引きつけそうだ。

アトラデザイン:ウントチュース!
Daily Life is a game:特報!「ウントチュース!日本語版」発売決定!
TGWレポート:ウントチュース!

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください