スリーセブン(Gamble 7: Three Seven)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

補充でバッティング

ブラフも交えて手札にある「7」のカードの数を競うゲーム。これも今年のゲームマーケットでカワサキさんが発売したギャンブルゲーム集のひとつ。タイトル通り7つのゲームが入っているが、いずれもニヤリとさせられる仕掛けがあって素晴らしい。きっとアメリカやドイツでもウケるだろう。

始めに参加料を払い、配られた手札を見て賭けチップを決める。自信があればレイズ(前の人より上げる)、様子見はコール(前の人と同じ)、自信がなければドロップ(賭け金を残して降りる)。コールが一周した時点で、手札に「7」が3枚以上ある人は公開する。

1周目で揃うことはあまりない。ここで「7」を引くことを期待して補充するが、ここにバッティングが仕掛けられている。手札から数字を出して、誰ともかぶらなかった人が、その枚数だけ山札から引けるのである。バッティングを恐れず欲張って「5」や「6」を出すか、安全に「3」か「4」あたりを出すか。安全に出したつもりがバッティングすることもある。

補充が終わったらまたチップの増額から。最終的に「7」を多く公開できた人がチップを総取りする。

くさのまさんは1ラウンドから強気のビッド。皆が降りて参加料をせしめたが、本当に「7」がたくさんあったのかは分からない。2ラウンド、3ラウンドと進むうち、みんな「7」が1〜2枚でも降りないようになってきた。「補充で引けばいい」と強気である。その強気に運が味方して、くさのまさんが最後に大量の「7」を引き大場を制して1位。

「7」があまりないのにレイズしたりコールしたりするのは内心ハラハラするが、顔に出してはいけない。そんなポーカーフェイスと、バッティングの読みの両方が試される。

賭博英雄伝セブン
川崎晋/カワサキファクトリー(2009年)
3〜5人用/9歳以上/15〜180分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください