ヤポンブランド、今年のラインナップ出揃う

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

エッセン国際ゲーム祭に日本から毎年出展しているヤポンブランドの、今年のラインナップがホームページで明らかになった。今年のゲームマーケットで出展された作品のほか、新作や絶版品の再販も含まれている。

ヤポンブランドは、日本のすぐれたボードゲーム、カードゲームを海外に知らしめるため、ゲームマーケットの常連を中心に2006年に発足した。ここで出展されたゲームの中から、川崎晋氏の『グラグラカンパニー』『R-Eco』『カルタゴの貿易商』『ルールの達人』『ロボトリー』が、海外のメーカーからメジャーデビューするに至っている。

今年のラインナップはボードゲーム4、カードゲーム5、伝統ゲーム2という構成。ゲームマーケット10周年記念カタログに収録された2人用アブストラクトゲーム『ガウス』(カワサキファクトリー)と『アトランティックシティもアサクサも』(B2Fゲームズ)の製品版、ドイツのデザイナーコンテストで優勝した『スクウェア・オン・セール』(B2Fゲームズ)、ゲームマーケットではβ版だったトリックテイク『クロニクル』(カナイ製作所)、評価アンケートで3位となった『よくばりキングダム』(ワンドロー)など今年も粒ぞろいだ。また、『どうぶつしょうぎ』は将棋と一緒に、別ブースで出展される。

エッセン国際ゲーム祭りはいよいよ再来週から。今年もヤポンブランドの活躍に期待したい。

Japon Brand:Japon Brand in Spiel '09

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください