ドイツ・メンサ賞に『頭脳絶好調』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

IQテストで上位2%の成績を出した人が入れる国際団体「メンサ」のドイツ支部は、今年初めて、ボードゲームの賞を発表した。世界中で11万人いる会員のうち8500人を占めるドイツの会員が投票で選んだボードゲームは、『頭脳絶好調(Einfach Genial)』だった。

対象となったのは2004年から2008年の間にドイツで発売されたボードゲームで、運だけのゲーム、知識だけを問うゲーム、キッズゲームは除く。2009年の4月から7月にかけてノミネート投票が行われ、上位だったゲームについて8月から10月に決選投票が行われた。

ノミネートされたのは『アグリコラ』『ケイラス』『ドミニオン』『頭脳絶好調』『フィレンツェの匠』『ハイブ』『パンデミック』『ディアヴォロの橋』『大聖堂』『ストーンエイジ』『ウボンゴ』『ザヴァンドールの王笏』の12タイトル。決選投票では『頭脳絶好調』13%、『ドミニオン』11.7%、『ウボンゴ』11.1%、『ストーンエイジ』9.5%、『大聖堂』9.2%のポイント獲得となった。

授賞式は1月30日にヘッセンで行われ、その前々日には第2回『頭脳絶好調』ドイツ選手権の決勝も同会場で開かれる。

『頭脳絶好調』は2004年に発売されたR.クニツィアによるタイル配置ゲーム。ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、オーストリアゲーム大賞、ドイツゲーム賞5位、スイスゲーム賞フリーク部門1位、日本ボードゲーム大賞(入門者部門)1位、などの評価を収めている。

Wikipedia:メンサ
Mensa Spielepreis公式ページ
Einfach Genial ドイツ選手権公式ページ

コメント(3)

『ドミニオン』はかなり”運だけ”のゲームですけど。
まさか、技術的なものってセカンド・ディール?

確かにノミネート作には完全情報公開系の2人ゲームが多いのはIQを誇るメンサらしいですね。フェデュッティは『ドミニオン』が確率計算勝負のゲームだと言ってますが、その計算できるところが受けたのかもしれませんね。

確率計算勝負=運だけ、そのものじゃないか。
それを言ったら、手本引きだってクラップスだって・・・全部。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください