『エンデバー』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは本日、大航海時代をテーマにしたアメリカのボードゲーム『エンデバー』の日本語版を発売した。3人〜5人、12歳以上、約90分、5,880円。

各プレイヤーは、地中海沿岸に植民地をもつ西欧の帝国の代表となり、帝国の栄光と、産業、文化、財力、政治の価値を増やすために世界を航海する。

ゲームボードには、インド、南アメリカ、アフリカなどのエリアがあり、それぞれの航海ルートが埋まると、その地域の攻撃、植民地化、資源の採取ができる。自分の手番には建物を建て、その特殊能力を使用し、国力増強をして人を集め、さらに新しいアクションができるようになる。

オリジナルの英語版"Endeavor"は昨年夏にズィーマンゲームズ(アメリカ)から発売された。10月にはドイツ語版"Magister Navis"が『アグリコラ』などを手がけるルックアウトゲームズ(ドイツ)から発売され、フェアプレイ誌のスカウトアクション4位、ネット投票のボードゲームアンケート4位、プフェファークーヘルでは3位と高い評価を得ている。また2月に発表されたフランス年間ゲーム大賞にもノミネートされた。

英語、ドイツ語、今回発売された日本語版のほか、中国語、オランダ語、フランス語、ロシア語などで発売されており、今年の代表作として人気はこれからも広がりそうだ。

ホビージャパン:エンデバー
ホビージャパンゲームブログ:エンデバー
play:game評価コメントリスト:エンデバー

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください