『シュピール』休刊

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

NPO「ゆうもあ」は、情報誌『シュピール』の刊行を、2010年4月に発行された16号をもって休刊することを発表した。今後は在庫のある限り、バックナンバーの販売が継続される。

『シュピール』は2003年より刊行されたボードゲーム愛好者向けの情報誌。年3回の発行ということになっていたが、スタッフ不足などから発行が最長で2年間遅延し、合計5号分がスキップされるなど、不定期刊行になっていた。

最終号である16号は昨秋のエッセン国際ゲーム祭特集。日本からエッセンへの行き方ガイドや、ドイツゲーム賞の入賞作品のレビュー、『パンデミック』の作者M.リーコック氏のインタビュー、木のおもちゃ屋さん紹介で静岡の百町森と東京・巣鴨のウッドワーロックなどの記事がある。ボードゲーム専門店または各地のゆうもあゲーム会で入手できる。609円。

マルチプレイヤゲーム情報誌『Neue ノイエ』(1998〜2001)、卓上ゲーム情報誌『ban press バンプレス』(2001〜2003)に続くボードゲーム専門情報誌の休刊で、現在刊行されている日本語の専門情報誌は『GameLink』のみとなった。『GameLink』の第3号は1ヶ月遅れて今月20日に発売予定となっている。

ゆうもあ:シュピール休刊のお知らせ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください