ノブナガ(Nobunaga)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

信長に塩を送る

カードドラフトで戦力を集め、NPCの信長と力比べをするカードゲーム。信長に配慮したカード選択をしないと負けてしまう。日本人になじみ深いテーマで、ひねりの効いたルールとスピーディな展開が楽しめる。

勢力カードは武田家、上杉家、毛利家、浅井・朝倉家、足利幕府、本願寺の6種類。場には人数+1枚の勢力カードが並び、順に好きなものを1枚ずつ取る。次のラウンドのスタートプレイヤーの権利を取った人が最後に選んで、残った1枚が信長のもとへ。これを繰り返して戦力を集める。

一定数集まると合戦が始まる。スタートプレイヤーが6種類の中から1つ選び、そのカードを手札から出す。枚数の多い人(同数の場合はスタートプレイヤーから近い人)が勝ちで得点を得る。選ぶ勢力は信長がもっているものでなければならず、信長に同じものを集めさせていると負けることもある(信長にも得点が入る)。

合戦が一通り終了したら、手札を持ち越しで第2ラウンド。またカードをドラフトで取り合い、たまったら合戦を行う。同じ勢力で2回手柄を立てると得点がアップするもの、逆にアップしないものがあり、1回目の合戦の結果を見て、どのカードを集めるかをよく考えなくてはならない。

同じものを集めすぎると、持っていない合戦では指をくわえて見ていることになるが、幅広く集めすぎるとどの合戦でも勝てないことになってしまう。ほかの人が何をどれくらい集めているか、だいたい把握しておきたい。このあたり、来るべき戦に備えている雰囲気がよく出ている。

信長用にどのカードを残すかも重要だ。信長に勝たせないようにみんなで協力したり、そう見せかけて意外なカードを取って裏切ったりと、ドラマがある。今回は信長を退けることができたが、何度か勝たれて危うい場面もあった。

本願寺と上杉家にこだわりすぎて(思い入れがある)、ほかが手薄になってしまったが、1〜2枚の同数決戦の勝利を手番順で拾って2位。同数で勝つメリットを生かして、スタートプレイヤーのときに少な目の勢力で合戦を始めるのがポイントだが、少なすぎると話にならないこともあるのが悩ましかった。

ノブナガ
沙月みと/グランペール(2010年)
2〜5人/12歳以上/約20分
グランペール:ノブナガ

ノブナガ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください