ニュルンベルクの新作評価

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

南ドイツのボードゲームサークル・ローゼンハイマーは5月1日から2日間にわたって、第7回「ローゼンハイムの春」を開催し、昨秋から今春にかけて発売された新作(2010年度の新作)のテストプレイを行った。代表作として予め選ばれた十数タイトルの中での評価は以下の通り。数字は0〜7の8段階評価(数字が大きいほどよいゲーム)の平均。

また、インターネットの投票サイト「シュピーレ・ウンフラーゲ」ではニュルンベルクで発表された新作の評価アンケートを行って公表している。結果は以下の通り。数字は1〜6の6段階評価(数字が小さいほどよいゲーム)をベイズ判定したもの。

【ローゼンハイムの春2010】

1位:ディクシット 5.73
2位:フレスコ 5.70
3位:ダンジョンロード 5.65
4位:エジツィア 5.60
5位:ハンザ・テウトニカ 5.48
6位:アラカルト 5.47
7位:グレンモア 5.37
8位:トバゴ 5.29
9位:バスコ・ダ・ガマ 5.25
10位:洛陽の門にて 5.24
11位:マカオ 5.10
12位:カーソンシティ 5.06
13位:権力闘争 5.05
 

【シュピーレ・ウンフラーゲ2010春】

1位:グレンモア 2.25
2位:フレスコ 2.25
3位:サマルカンド 2.63
4位:アールエコ 2.68
5位:別世界 2.76
6位:倉庫の街 2.79
7位:コボルドの宝 2.87
8位:トーキョートラン 2.94
9位:原始の生活 2.96
10位:テュトテュト 2.97

この2つの結果から、ニュルンベルクの人気作は年間大賞にノミネートされた『フレスコ』と、アレアの新作『グレンモア』あたりと言えそうだ。エッセン国際ゲーム祭で発表されたたくさんのフリークゲームに、これらがどこまで善戦するかが見ものである。

※ローゼンハイムの春の結果を加えて「エッセンのベストフリークゲーム」を集計しなおしましたのであわせてご覧ください。

Rosenheimer Spielefrühling:Ergebnis 2010
spieleumfrage:Spieleneuheiten Frühjahr 2010

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください