テンデイズゲームズに行ってきた

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

記録的な暑さも少しは和らいだ8月20日、東京・三鷹に新しいボードゲームショップ「テンデイズゲームズ」がオープンしたので、お祝いをかねて訪れた。

三鷹駅南口を降りて4分。ブログに道順が載っていたが、駅からは1回曲がるだけなので迷わなかった。薬局の2階に「テンデイズゲームズ」の大きな看板が見える。すごい、タナカマさんついにやったね!

開店時間までしばらくあったので花屋でお祝いの花を頼み、おもちゃ屋でまだ売っているパーティジョイなどを漁り、ラーメン屋で昼食をとった。「ラーメン大」は野菜たっぷり、分厚いチャーシュー、直方体かというような太麺、脂ののったスープで大満足。八百屋なんかもある三鷹の古い商店街は味わい深い。

開店5分前に戻ると、すでに長い人の列(10人くらい)。先頭の草場純氏はプレイシングスも、メビウスも、すごろくやも開店初日に行ったという強者である。ほかに秋葉原水曜日の会で会ったことのある人もいた。12時にドアが開いてタナカマ店長が登場。テンデイズゲームズのオープンである。

お店が2階にあることで立ち入りにくいかと思ったが、そうでもないらしい。ボードゲームのようなやや高価な商材を扱うショップでは、本当に興味のある人だけが立ち寄ってくれてよいフィルターになると、先にショップを出した先輩は口を揃えて言ったという。

店内は思っていたより広い。ディスプレイ用と、デモプレイ用の大きいテーブルが2つ置かれ、周囲にゲーム棚があって、しかも人が悠々すれ違えるくらいである。店内はさらに人が来て15人ほどになったが、窮屈さを感じなかった。


出店の経緯を話すタナカマ店長

テーブルやコーナーには、すごろくや、メビウス、バネスト、水曜日の会などからお祝いの花がずらりと並んでいる。そして奥のレジにはカッコいいソファと、パソコンのモニターが2枚。ここに座って仕事するタナカマ店長を想像すると、夢を叶えたなあという気がしてくる。愛好者は日がなボードゲームを眺めていても飽きないものだが、ボードゲームに囲まれて仕事するというのは幸せの至りだろう。

奥ではタナカマさんの弟さんが箱から荷物を出しており、レジではエプロン姿の奥様が笑顔で応対していた。タナカマさんは時折「いらっしゃい」と慣れた調子で(電機店にお勤めだったので)言いながら、早速お客さんにゲームの説明。この頃はテンデイズラジオで聞くほうが多いので、生の説明を聞くと新鮮である。

「これで記念すべき第一歩を踏み出しましたね。いや、もう35歩目くらいかな」と草場氏。確かにネットショップは数あれど、都内で実店舗ができるするのは久しぶりである。実物を見て遊んで買ってもらえるというメリットはあるが、初期費用や経常費を考えると二の足を踏んでしまう。その壁を乗り越えて、ここまでよくたどり着いたものである。奥さんや仲間の後押しもあったわけだが、タナカマ店長の勘と勇気に敬服する。

品揃えは、ネットショップで見るのとはまた違った印象を受けた。メビウス系のドイツゲーム、ホビージャパンの日本語版という基本アイテムを揃えた上で、ほかでは手に入らない独自の商品を置いている。特にイギリスのツリーフロッグ社の限定商品、オランダの999ゲームズ社、フィンランドのラウタペリ社による絶版ドイツゲームは魅力的だ。また、DSソフトや軽めのパーティゲーム(『ファウナ』『カレイドス』『私の世界の見方』『ウントチュース』など)も豊富で見ているだけでわくわくする。実店舗オープンを機に、キッズゲームもこれから充実させていくという。

日本語版とパーティゲームは今、日本のボードゲームシーンの二大トレンドと言える。それを誰にでも満足できるレベルで揃え、ラインナップの中心に据えてオープンしたのは、タナカマ店長の先見の明であろうか。

中央線は東からイエローサブマリン秋葉原RPGショップ、R&Rステーション(秋葉原)、メビウスゲームズ(水道橋)、イエローサブマリン新宿店、すごろくや(高円寺)、テンデイズゲームズ(三鷹)、B2Fゲームズ(立川)と7店舗が並ぶことになった。新宿以西の中央線は、北の西武線方面、南の京王・小田急線方面から人が集まるまさに中央。三鷹も、練馬から調布にかけて人が集まってくる。さらに駅北口は再開発で大規模マンションが建設中だという。そんなわけで、となりのゲームショップと電車で20分以内の距離でも、競合の恐れは小さい。

デモプレイ用のテーブルには椅子が12脚も用意してあり、2グループ同時に体験プレイをすることもできる。実際『タンブリングダイス』と『バズイット』というゲームをほかのお客様と一緒に遊ばせてもらったが、広くて快適だった。ここを拠点に、ゲーム愛好者の新しい輪が広がっていけばいいなと思う。

知り合いが次々と訪れて、お店の片隅でしゃべっているうちに早2時間。居心地がよくてもっといたかったが、日帰りだったのでお暇した。道は平坦ではないと思うが、タナカマ店長も奥さんも若いから、これから何年、何十年とこのお店は続いて、ボードゲーム愛好者の支えになっていってほしい。

テンデイズゲームズ(23日までオープニングセール中)
ふうかのボードゲーム日記:テンデイズゲームズに行ってきました

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください