クンフー(Kung Fu)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

型が揃って一撃必殺

侍さん、髭親父さんと私はつるつるめがね3人衆として少林寺で修行している。今日はその成果が試される日だ。アチョー!

ポーランドのクズーニャ・ギエルから発売されたリアルタイムカードゲーム。鶴、虎、猿、蟹という4つの型を揃えて技を繰り出す。

難易度によって1点、2点、4点という3つのコンビネーションがある。このうちどれを揃えてもよい。一斉にスタートして、『ピット』のように自由に交換。1枚対2枚などもOKである。

揃ったら「クンフー!」と言って公開する。このとき、順番もコンビネーションの通りにしなければならない。間違っていなければ得点。カードを補充し、新しいコンビネーションカードを出してゲームを続ける。

1点の技は難易度が低く、天和が多かった。ゲームを始めた瞬間に誰かが上がるという一撃必殺の展開。結局4点の技は誰も出せずに終わったが、数ラウンドかけてカードを集め、一発逆転を狙うのも悪くなかったかもしれない。

修行の成果は、あまり芳しくなかった。序盤に同じカードが揃ったので4点を狙えるかと思ったが(4点の技は、同じカード5枚というのが多い)、4点の技が全然動かず、結局手札を崩して1点か2点の技を狙う羽目に。そんな中途半端が響いて下位に沈んだ。

1点のカードがあまりに上がりやすいのが気になったが、揃えるべきコンビネーションが3種類あることで、上がりにくい高得点か、上がりやすい1点かを狙う幅があるのがよかった。

Kung Fu
H.スパラほか/クズーニャギエル(2009年)
4〜8人用/8歳以上/20分
テンデイズゲームズ:クンフー
Yahoo!オークション:クンフー

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください