ガラパゴス(Galapagos)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

研究は未来への投資

1835年、イギリスの自然科学者C.ダーウィンはガラパゴス諸島に1ヶ月滞在し、ゾウガメやイグアナを調査した。この調査結果が後の『進化論』を生む土台となる。この時点では種の分化や進化には気づいていなかったので、不十分な調査だったことを後悔したという。

『ラッタス』に引き続きベルク(ノルウェー)&ホワイトゴブリン(オランダ)がリリースした新作。このゲームでは、ダーウィンの足跡をたどって動物を収集し展示して名声を競う。

手札には東西南北の4種類のカード。これを見て毎ラウンドはじめにどの方角に向かって探検するか、競りで決める。自分が持っていない方角になると、ラウンド中、何にもできなくなってしまうので、頑張って競り落とそう。ほかの人のビッドを見て、相乗りできそうなら降りる手もある。ただし、競り落とせば得られるスタートプレイヤーの権利も捨てがたい。

方角が決まったら、スタートプレイヤーから順に手札を出してアクションを行う。アクションは、その方角に指定された動物の捕獲、捕獲コストを下げる研究、捕獲した動物を得点に換える展示、余った動物の換金の4種類。

ボードには研究トラックがあり、動物チップが並んでいる。遠くにある動物ほど、捕獲コストが高いので、自分のコマを進めてコストを下げなければならない。でも研究=コマを進めるにはお金が必要。しかも、捕獲されるたびに動物は研究トラックを進んでしまう。みんなが取りに行くと動物がいなくなり、もっと研究しないと見つからないというわけだ。

捕獲した動物をどこまで集めてから展示するかも悩みどころだ。というのも、「イグアナを含む展示」「3種類以上の展示」などのボーナスが早い者勝ちだからだ。こまめに展示するか、貯めこんでから一気に展示するか。

序盤は展示を我慢した康さんが大量ボーナスを2回取ってダントツ1位。私はこまめに展示していったが研究をサボったことで後が続かず、最終ラウンドで競り負けて展示のチャンスを逃し最下位。競りとアクションというシンプルな作りながら、いざ遊び始めると、ほかの人との相乗りと金勘定、展示の先取りなど駆け引きやマネージメントがあり、大いに考えさせられた。

Galapagos
A.ベルク、H.ベルク/ホワイトゴブリンゲームズ(2010年)
2〜5人用/12歳以上/60分
ゲームストアバネスト:ガラパゴス
プレイスペース広島:ガラパゴス

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください