シンボルで言いましょう(Sag's mit Symbolen)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

微妙に外してヒントを出す

絵をヒントにして、8枚のお題カードから正解を当てるコミュニケーションゲーム。『ヒントをもうひとつ』と趣向が似ており、それで思い出してゲーム棚のコミュニケーションゲームコーナーから取り出してきた。メーカーはアミーゴだが、日本にはプレイスペース広島とオフィス新大陸でちらっとしか入らなかったようだ。

8枚のお題カード(付属のものはひねりがないので『私の世界の見方』から流用)を並べ、親が見ていないところで正解を1つ決める。親のとなりからヒントスタート。25のイラストから正解に関連していそうなものを1つずつ選んで、コマを置く。

親はヒントが1つ出されるたびに、2つの選択肢がある。「これは違う」というものを取り除く消去法と、「これが正解だ」と1つ指定する方法。だいたいは消去法である程度絞り込んだところで、正解を指定するのが正攻法である。

消去法の場合、うまく取り除ければヒントを出した人に1点。親が誤って正解を取り除いてしまった場合、親とヒントを出した人以外が3点を取る。一方、正解を指定した場合は、当たっていれば親だけが残り枚数の分だけ得点し、外れればやはり親とヒントを出した人以外が3点を取ってしまう。

親が正解しても、ヒントを出した人は得点できないのがポイントで、そのためど真ん中のヒントが出せないようになっている。いいルールだ。

序盤は無理をして枚数が多いところでチャレンジしていたが、なかなか当たらない。絵からイメージしているものが、人によってずいぶん違うのである。そこでかなり絞り込んでから正解を指定する安全策に変更。ほかの人が無謀なチャレンジを繰り返したこともあって1位。

絵にコマを置いたとき、正解を知っているほかの人から「は?」とか、「ああーなるほどねー」とか反応が出るのが面白い。親もその反応を見て、重要なヒントかそうでないかを見分けるのだが、誰が反応したかによってもヒントの重要度が変わる。鴉さんの感性は皆と正反対じゃないのとか、大笑いしながら遊んだ。

Sag's mit Symbolen
C.ウェーバー/アミーゴ(2005年)
3〜6人用/12歳以上/45分
絶版

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください