スマイリーフェイス(Smiley Face)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

大どんでん返し!

フランスのデザイナーコンビが昨秋に発表し、アークライトから日本語版が発売されたカードゲーム。お手頃な値段ながら、妙に大きい箱のせいか、インパクトのないイラストのせいか、あるいは多めのプレイ人数設定のせいか苦戦している模様である。そういうゲームこそかえって興味が出るもので、ようやく念願の初プレイ。フランスらしくウィットに富んだゲームで、スマイルというよりゲラゲラものだった。

リリースではトリックテイキングと伝えたが、かなり異なる。1枚ずつカードを出して、何周でも出しあい、全員がパスしたところで、カードの合計の多い人が得点するのが基本。勝てないと思ったら降りて、勝ちそうな人にカードを渡して応援するという手もある。応援した人が勝っても得点。

カードは色によって毎ラウンド強さが異なり、次のラウンドに強くなるカードは前もって分かっているので温存しておくのがよい。全力で勝ちに行くか、次のラウンドに余力を残して誰かを応援するか。勝ちに行くとすれば、最初は弱いカードを出して油断させておき、後から強いカードを出したいところだが、ほかの人も同じことを考えているかもしれない。そうなったら我慢比べ。こんなふうに1枚1枚、駆け引きが熱い。

しかし、このゲームには、大どんでん返しを起こすいたずらカードがメインだと思う。カードを奪ったり、色の強弱を変えたり、応援を取り消したり、果てはラウンドの勝者をなくしたり、得点カードを奪うものまである。勝ったと思っても、最後の最後まで油断ができないし、逆に負けそうになっても、チャンスは最後まである。じりじりした駆け引きを一変させてしまういたずらカードの強烈さに、一同「台無し!」と大笑い。フランス人なら、このデザインはわざとに違いない。

いたずらカードがあることを前提に遊ぶと、定石はずれのカードプレイをしても、すごいいたずらを仕掛けてくるんじゃないかと警戒される。それでひるんだ隙に正攻法に切り替えたりして、そんな引っ掛けも楽しい。

8人まで遊べるのもこのゲームのポイントだが、いったいどんなカオスになるやら。

Smiley Face
G.ブーキン、B.フェデュッティ/アークライト(2010年)
4〜8人用/13歳以上/30分

ふうかのボードゲーム日記:スマイリーフェイス

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください