『エアライン・ヨーロッパ』日本語版、9月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは9月上旬、A.R.ムーンの航空ボードゲーム『エアライン・ヨーロッパ(Airlines Europe)』日本語版を発売する。2〜5人用、13歳以上、75分、5,880円。

『チケット・トゥ・ライド』のA.R.ムーンが、愛好者に絶大な人気を博しながら絶版になっていた『ユニオン・パシフィック(Union Pacific/アミーゴ社・1999年)』をリメイク。今年のニュルンベルク国際玩具見本市でアバクス社より発売された新作が早速日本語版となる。『ユニオン・パシフィック』の熱烈な愛好者として知られるテンデイズゲームズの田中誠店長がルール制作に携わった。

プレイヤーは投資家となって、ヨーロッパを舞台に、限りある航空ライセンスを巡って競争を繰り広げる。航空路線を購入する一方で、航空会社の株式を入手し、配当をもとに株式を買い足していく。ゲーム中に何回かある決算のときに、所持している株式に応じて勝利点を獲得。勝利点が最も多い投資家が勝つ。航空会社の成長を見極めて、有益な航空会社により多く投資できるかが勝敗を分ける。

手番中の選択肢はたくさんあるのに、できることは1つだけという悩ましさを『ユニオン・パシフィック』から継承しつつ、プレイ時間を90分から短縮。また、カラフルな飛行機コマで視認性が向上している(前作からの変更点については、下記のリンクを参照)。

ゲームボード・カードの地名・会社名は『チケットトゥライド・ヨーロッパ』と同様ローマ字表記となる。

play:game:エアラインズ・ヨーロッパ評価コメント

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください