エボリューション:種の起源(Evolution: The Origin of Species)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

肉食は諸刃の剣

evolution.jpg

厳しい弱肉強食の中で、肉食になったり身を守る能力を身につけたりして、生き残りを目指すカードゲーム。ロシアのライトゲームズというメーカーの作品で、今年になって英語版が発売された。

毎ラウンド、まず手札からカードを出す進化フェイズ。裏にして出せば個体を表し、そこにさまざまな進化能力を付け加えていく。「肉食化」が大きな柱で、それに対抗するため、「大型化」、「水生」、「しっぽ斬り」、「逃げ足」、「カモフラージュ」などがある。ほかに、食料がなくても生き延びる「皮下脂肪」や、二匹の片方が食料を得たときもう一匹も食料を得る「協力」、誰かが肉食獣に食べられたときおこぼれに預かる「腐肉食」など、飢えへの対策も多様。相手の進化状況に合わせて、どの方向に進化するか考えたい。

進化が終わると、ダイスを振って食料が発生する。序盤は動物が少ないのでまず飢えないが、後半になると、動物が多くなる上に、食料をより多く必要とする肉食獣・大型動物・寄生された動物が出現するので厳しい。

肉食獣は、どの動物でも食べることができるが1ラウンドに1匹しか食べられない。しかも必要な食料が多く、ほかの動物が皆守りを固めると、たちまち飢えてしまう。食料がエられなかった動物は全て絶滅し捨て札へ。残った動物の枚数だけ手札を補充して、次のラウンドに進む。山札がなくなったとき、生き残った動物と進化カードの数で勝敗を決める。

個体を増やして、それぞれを少しずつ進化させれば、リスクは少ないが個々の動物は弱いのでよく食べられる。個体を減らして、手厚く進化させればまず食べられないが、寄生されて飢え死にする恐れがある。肉食と寄生はどのプレイヤーでも選べるので、目立つのは危険だ。守りを固めて、終盤の壮絶なサバイバルに備えたい。

早々と肉食化した神尾さん、巨大獣を育てた鴉さんは寄生されて倒れる。私は強力な進化ができず皮下脂肪でしのいでいた分、攻撃もあまりされず2位。1位は最後の最後で肉食化し、場をコントロールしたぽちょむきんすたーさん。

進化はどれも直感的で、「そんな進化すると食べちゃうよ」「じゃあ大型化します」「こっちも大型化!」「そこで寄生ですよ」「うわ何をするー」など会話が盛り上がった。プレイ時間は30分前後と軽い。

Evolution: The Origin of Species
D.クノーレ、S.マーチン/ライトゲームズ(2010年)
2〜4人用/12歳以上/30分
Rightgames: Evolution: The Origin of Species
ゲームストアバネスト:進化:種の起源

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください