自宅ゲーム会

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

お盆の直前、ぽちょむきんすたーさんとくさのまさんをお招きして3人ゲーム会。ゲーム合宿が来週に控えているが、未プレイ品が多すぎて、一晩遊んだくらいではほとんど減らないように思われた。3人という人数を嫌がる人もいるが、プレイ時間が引き締まり、ダウンタイムが少なく、先が読みやすくなる(その分ゲーム力が勝敗にダイレクトにつながるが)ので好きである。翌日はくさのまさんのゲーム会があり、ぽちょむきんすたーさんも参加されるというのでお泊りとなった。25時くらいまでたっぷり遊ぶ。

エパミノンダス(Epaminondas)
隊列を作って相手の陣地を陥れる2人用アブストラクトゲーム。コマを固めて、タテ・ヨコ・ナナメに自在に攻撃できるようにしたいところだが、固めすぎると、ほかが手薄になる。攻撃と防御のバランスが難しい。隊列を一度崩したところに一気に攻めこまれて負けた。「エパなんとか」とタイトル名が覚えられない。(Bütehorn, 1982)

ソクラテスの裁判(The Trial of Socrates)
ソクラテスの弁護人と検察に分かれ、支持者コマをプロットして市民の支持をとりつける2人用ゲーム。どのエリアを捨てて、どのエリアに集中するか、またカードをいつ手に入れて、いつ使うか、相手の出方を常に伺うのはエキサイティングだった。つぎ込んだエリアで届かず敗北。シリアル番号が75/100とあるが、100個しか作っていない?(Doctor Finn, 2009)

クォーリアーズ!(Quarriors)
話題のダイス構築ゲーム。ダイスを振って、そこで出た魔法ポイントで新しいダイスを手に入れる。どんな強いモンスターも、2分の1の確率でしか出現しないので何もできないで終わることもあるが、その分爆発したときの喜びが大きい。同じモンスター構成でも、展開がすごく変わる。(アークライト, 2011)

7つの島(7 Islands)
デッキ構築ワーカープレイスメントという、意欲満点の国産ゲーム。アクションカードの使用枚数制限はなく、お金にもなるが食料が必要で、使わないとお金にならないところがにくい。コマを置くカードでボードにコマを置き、得点やお金などの効果を得ることができる。そのボードが7枚あって、ゲームのたびに変えられるのでリプレイ欲求も高まる。(ワンドロー, 2011)

ホテルサモア(Hotel Samoa)
部屋数の少ないホテルに設備投資して、次々やってくる観光客から収益を上げるボードゲーム。設備投資も観光客も競りで手に入れるが、設備投資は高い額を提示した人、観光客は安い額を提示した人が手に入れるので、なかなか儲からない。毎ラウンドの手続きはシンプルながら、客が帰るタイミングが読めるので深い。シチュエーションも笑える。(アークライト, 2011)

フラミンゴの輪投げゲーム(Ring-O Flamingo)
フラミンゴの首にかかるように、浮き輪を飛ばすアクションゲーム。浮き輪は何回転もする飛び方で、なかなかうまくかからない。おまけに誤ってワニにかかってしまうと失点になってしまう。(Gamewright, 2009)

西武幽霊鉄道(Spectral Rails)
ゴーストタウンのゴーストを幽霊列車に乗せて、故郷に帰すというお盆にぴったりのゲーム。幽霊列車のレールは、時間が経つと消えていくのが雰囲気があっていい。そしてほかの人が引いたレールは無料で利用できるのに、自分が引いたレールは二度通れないところがパズルチックだった。(Z-Man Games, 2011)

石の家(Sozoikum)
競りで石を手に入れて、崩さないよう組んで家を組み立てるゲーム。競りの仕方が3種類あり、その中の握った宝石と関係なく数字を言えるブラフ競りが面白い。競りの前に、出てきた石を観察して値踏みをするのがおかしかった。デザイナー買いしてます。(Kröhnland Games, 1994)

ソーリースライダーズ(Sorry! Sliders)
転がるコマで競う多人数カーリング。もちろん、ほかのコマにぶつけて飛ばすのは基本だが、はじき飛ばされてしまうことも。得点ボードが4種類あり、穴に落ちたら没収など難易度を上げられる。没収エリアがあるときの腰の引けぶりが笑えた。(Hasbro, 2008)

ギリギリボウリング・タップ!(Girigiri Bowling Tap!)
10個のコマが並んだボードを横からタップして、コマを1個だけ残すことを目指す。1個も倒れないか、全部倒れるとペナルティになってしまう。数個残って回ってきたときのプレッシャー、そしてあえなく崩してしまったときのガッカリ感は大ウケ。(カワサキファクトリー, 2011)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください