自宅ゲーム会

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

山形ゲームコンベンションの翌日、個展開催のため我が家に宿泊している康さんと2人でゲーム会。お茶を飲んで雑談したり、昼に買い物に出かけたりしつつまったりと遊んだ。土日の山形ゲームコンベンションは、仕事の合間に参加している感じで慌ただしかったが、今度はのんびりとして対照的だった。2人用アブストラクトを中心に。

シリウス(Sirius)
太陽は月に勝ち、月は星に勝ち、星は太陽に勝つという三すくみで、コマを取り合うアブストラクトゲーム。コマがお互い30個もあって、取っては取られ、取られ手は取りという一進一退の攻防を繰り返した結果、最後は1対1になって引き分け。(Bütehorn, 1976)

十字軍の王国(The Kingdoms of Crusaders)
ロシアのライトゲームズがリリースした2人用カードゲーム。5つの陣地にカードを置いて、マークがいくつ揃ったかを競う。お互い相手の出方を見て、どの陣地に力を入れ、どの陣地から撤退するかを考える。ライトな『バトルライン』。(RightGames, 2007)

空気袋(Bladder)
中央においてあるボールを奪って、ゴールに持ち込むアブストラクトゲーム。どんどん相手の駒をやっつけて、敵陣に乗り込んだ味方にパスする。中央での睨み合いから、端の方ですれ違ったコマにパスをして勝ち。コマを惜しまず、肉を切らせて骨を断つ戦法が必要なようだ。(Purkess Brittain Games, 2000)

キャッスルパニック(Catsle Panic)
周囲の森からお城めがけて攻めてくるモンスターを倒しまくる協力ゲーム。モンスターを全滅させて勝つと、倒したモンスターの数で勝敗を決めることになっている。自分の手柄を求めて非協力的になると、とたんに城が危機に陥るというジレンマがあった。モンスターも壁もかまわずなぎ倒す大岩が痛快。(Fireside Games, 2009)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください