ラープを倒せ(Schlag den Raab)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

盛り上げどころを心得て

ラープを倒せ

シュテファン・ラープというタレントに視聴者がさまざまなゲームで対戦するドイツのテレビ番組をもとにしたボードゲーム。昨年のドイツで一番売れた(20万セット)ボードゲームである。30以上のミニゲームが入っており、その中から何ゲームかをルーレットで選んで交替しながら1対1の対戦を行う。

今回遊んだのは5ゲーム。「卵落とし」はゴム製の卵を胸の高さから落として、跳ね返ったのを拾い、7回で何回拾えるかを競う。卵はなかなかまっすぐ弾まないのでイレギュラーにどれくらい対応できるかが勝負。くさのまさんの勝利。

続いては「どっちが近いかクイズ」。ゲームに入っているクイズを読みあげて、2人がメモ用紙に回答し、より近いほうが勝ちで4ポイント先取。「人類の最高身長記録は何センチ」「月にあるゴルフボールの数」「アフリカの国数」などが出て、勘が冴えたくさのまさん連勝。

3ゲーム目は「記憶並べ替え」。25枚のタイルを3分間で覚えて、見ないで再現するという記憶ゲーム。覚えている最中に後ろで卵落としの練習をしている人がいたが、めげずに15ポイントで私の勝利。

4ゲーム目は「カタパルト」。シーソーで旗を飛ばして、箱に入った得点の合計を競う。最後まで劣勢だった神尾さんが、最終で最高得点をマークし勝利。

5ゲーム目は「ゲート」。4つのゲートにおはじきでコマを入れて、合計を競う。全部のゲートに入れるとボーナスがあるのがポイントで、入ったコマの数が少なかったものの、このボーナスで神尾さんが1点差の勝利。「さすがテレビ番組の盛り上げどころを心得ている」と好評だった。

これでもまだほんの一部にすぎない。さらに今年になって続編も出ている。規定ゲーム数をみっちり遊ぶよりも、人数が集まるまでの間などにちょこちょこと遊んでいきたい。

Schlag den Raab
M.キープス/ラベンスバーガー(2010年)
2〜6人用/12歳以上/45〜90分
国内未発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください