グラフ・ルード2011に『ロバの橋』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

グラフ・ルード9月30日、ライプチヒのホビー祭にて、ボードゲームの優れたイラストに贈られるグラフ・ルード(Graf Ludo)が発表され、『ロバの橋(Eselbrücke)』のM.メンツェル氏と、『きかんしゃのぼうけん(Voll in Fahrt)』のA.ユング氏が受賞した。

グラフ・ルードは、ボードゲームの箱絵やコンポーネントの見栄えを、メディア関係者、芸術家、子供を含むボードゲームファンが投票で評価する異色の賞。ファミリーゲーム3点とキッズゲーム3点がノミネートされ、それぞれ大賞が選ばれ、1000ユーロ(10万円)の賞金が贈られる。主催しているのは家族を中心とした生活環境を増進するカール・キューベル基金。

2009年はM.ホフマン、C.シュテファン、M.A.スズキ(『ボニーとクライド』)とG.ズィルヴァイラ(『オオカミと七匹の子ヤギ』)、2010年はO.シュレンマー(『フレスコ』)とR.フォークト(『ヴァンパイアの夜』)の各氏が受賞している。

Graf Ludo:Gewinner des GRAF LUDO 2011: “Voll in Fahrt” und “Eselsbrücke”
メビウスゲームズ:ロバの橋
たっくんのボードゲーム日記:きかんしゃのぼうけん

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください