ドロッセルマイヤーズ、オリジナル作品を発表

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・中野のボードゲーム専門店ドロッセルマイヤーズは11月27日、新作オリジナルゲーム『アダムとイヴ』を発売する。2人用、10歳以上、5〜30分、2,800円。

ドロッセルマイヤーズ店長で元スクエア・エニックス社プロデューサー、ポッドキャスト「ボードゲームおっぱい」ではバブル大佐でも知られる渡辺範明氏のデザイン。奥様で文筆家の真城七子氏が原案、宇佐美詠子がアートディレクションを担当している。

男女二人の協力プレイによる心理洞察ゲームで、2人のプレイヤーが互いに相手の気持ちを察し、不自由な制約の中で積極的に気持ちを伝えコミュニケーションの糸口を探っていく。男女2人のペアでプレイすれば、様々な人間模様、悲喜劇、もしかしたらロマンスも起こるかもしれない。

ドロッセルマイヤーズは、R.クニツィアの『モダンアート』をリメイクし、『Stamps』を制作している。古典を新作に生まれ変わらせることに成功した同店は、この作品で「新しい古典」をコンセプトにする。「新しい遊びを提供しながらも、プレイ感としては古典ゲームのそれに近いもの。ドイツゲーム文脈の現代的潮流からは外れるかもしれませんが、ある意味ではもっと根源的で、ベーシックなものを目指します」という。

ドロッセルマイヤーズブログ:初の完全オリジナルゲーム作品『アダムとイヴ』発表
アダムとイヴ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください